人気ブログランキング |

キャビンアテンダント

最近続けてDELTA、ANA.、JALに乗りました。

職業柄、飛行機に乗るとキャビンアテンダントの接客が気になります。
f0347877_15592714.jpg

まずDELTA航空
さすがアメリカンなフレンドリーな対応。
おもてなしらしきものは見当たりません。

ドリンクを出すのも投げやりな感じ、おまけにお客様にこぼしてしまう始末。

その場を立ち去ったと思ったら
紙ナプキンを数枚投げるように渡して
何事もなかったようにドリンクをサーブし続けています。

ウインクしながら「ソーリー」
本当にごめんさいと思っているのでしょうか?

しかも、ドリンクや食事の回収の際には
ビニールの手袋をしてゴミ袋に片っ端から捨てています。

私の記憶違いでなければ
出した時にはビニールの手袋はしてなかったはず。

これはお客様の衛生のためでなく、自己防衛のためで
お客様は汚いといっているようなもの?と感じました。

私はバイキンマンか?

おまけに後ろの方でべちゃくちゃおしゃべり。
おもわず張本さんにお願いして"喝"を入れていただきたい!と思いました。・・・

それと比べると
日本の航空会社は安心して乗っていられます。

待機時は三分咲きの笑顔。
目が合うと満面の笑みを浮かべます。
所作も申し分無い。良くトレーニングされています。

特にJALの所作で感じ入ったのは
上部の荷物棚を締める際に
ジャケットの裾がお客様に当たらないように片手で裾を抑える心遣い。

美しく
且つ、お客様を気遣う心細やかさは
さすが日本のおもてなし!と胸を打つものでした。

笑顔で挨拶。
そして美しい所作。
それだけでお店の雰囲気はものすごくよくなり商品価値、ブランド価値は上がります。

ぜひ、試してみてください。

キャビンアテンダントに対してのお客様の期待レベルは高いので
まだまだ
こうすればいいのになと期待したいところがあるのですが

将来はバージン航空が地上スタッフに導入したgoogleglassを使ってのサービスのように

「個の背景を知った上でのサービスへの進化」

ということが一番の胆ではないかと感じています。
トラックバックURL : https://hatarakuco.exblog.jp/tb/22637667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HATARAKUKAISHA | 2014-07-29 15:59 | 「おもてなし」 | Trackback | Comments(0)