人気ブログランキング |

きまぐれ はた・らく新聞

例えば
先輩が後輩に何か伝えようと思うとき

「あなたのため」だとか思っているうちは響かない。

こんなに思ってるんだから気付いてほしいと思ったり

時には費用対効果を考えたりして
伝える時間、今までの経験や知恵などを
提供するのだから
ありがとうと感謝してほしい。

などと人は自分で思った以上に

~してほしい
というクレクレな思いがあふれてしまうような気がします。

どこかで無意識に見返りを求めてしまうのでしょうか。

これだけ提供するのだから理解してほしい
分かって欲しい・・・・・

・・・クレクレだけじゃ届かない。 

そんなときに
「~したい。」
と言う想いから伝えて
相手からどんな反応が来ようと

相手の反応からいったん離れてみる。

そうすると
ピクリとも動かなくて淀んだままだった空気が
動くかもしれません。
f0347877_120443.jpg


つい先日
日本人は挨拶をしないと誰かが言っていて

本当にそうだなって思いました。

お店でも最初から最後まで無言なんてよくあるコト。

でもその記事を見てから
なんとなく気になって

勇気を出して挨拶してみました。

たとえばスーパーのレジ。

いらっしゃいませ

の挨拶に

こんにちは

と言ってみました。

そうすると
「レジを操作する人」から
「私の買い物のお世話をしてくれる人」
に変わりました。

すると不思議なもので感謝の気持ちが生まれてきます。

してほしいじゃなくて
自分がしたい、楽しみたい。

人と繋がるのは勇気が要るけれど楽しい。

yoshiko@hataraku

HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
トラックバックURL : https://hatarakuco.exblog.jp/tb/24246611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HATARAKUKAISHA | 2015-07-14 12:07 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)