人気ブログランキング |

人が笑顔でいてくれるのは私が嬉しい

私は某有名千葉方面のアミューズメントパークにて
開園する前から研修を受けていました。

今から思えば
研修が楽しくてたまらなかったのを思い出します。

とにかく
「あなたたちと一緒に働けて私たちは嬉しくてたまらないのです。」
ということをあの手この手で伝えてくれていました。

研修の始まりのときに
いきなりロングドレスのお姉さんと
いかした帽子をかぶった短パン履いたお兄さんが
浮かれた感じでやってきて

「みなさん!○○ランドへようこそ!」
と挨拶した時には


「どちら様?」


と心の中で突っ込みましたけれど。
f0347877_18531396.jpg


わが日本の昭和の
「遊園地」
にはそんな浮かれた人はどこにもおらず
野球帽みたいなのかぶって、ジャンパー着たオジサンが
物憂げに観覧車に案内する・・・
みたいな印象しかなかったのですから
カルチャーショックたるや大変なものです。

あと、入園のためのパスを作る時に
満面の笑顔で写らないと
何度もやり直しさせられる・・・!!!
というのは
私のそれまでの常識を根底からひっくり返すもので

「まじか!」


思わず周りを見渡しました。

免許証の写真を撮る時を思い出してください

椅子に座った途端に
まだ何の用意もしていないまま撮られた証明写真。

学生証だってひどいものでした。(河童みたいでした)

あの頃は
「歯を見せて笑って証明写真を撮る!」
ということが全く文化になかった時代。

あれは恥ずかしかった。
短パンのお兄ちゃんがカメラを構えて
それに向かって笑うなんて・・・

今となっては
接客の極意
3分咲きから7分咲きまで
どんな笑顔も自由自在に操る私ですが(?)

アメリカの陽気なやつらの文化に触れた
最初の出来事でした。

でも
そこで働いていた時に思ったのは

「人が笑顔でいてくれるのは嬉しい」
ということ。

笑い顔を見て、笑い声を聞くのは
本当に楽しくて嬉しくて

しかもそれに自分が貢献している!
っていうのが
若かりし私の心にグッと響きました。

周りを楽しくすると自分が幸せになる
「はた・らく」は
その時に生まれたのかもしれません。

今から思えば
もしかしたら
「自分が楽しかったから周りも楽しくなった」
のかもしれませんね。

yoshiko@HATARAKU

を行います。

カフェで楽しくお話ししたいと思います。
どうぞお気軽にお申し込みください。

はた・らく会社

60分コーチング始めました。(残枠少なくなっております)

全米NLP&コーチング研究所 公認
NLPプロフェッショナルコーチ
富島公彦
※ エグゼクティブコーチ(経営者、管理者向け)
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ

全米NLPヘルスサティフィケーション
NLP上級スキルマスター
全米NLP&コーチング研究所
ダイナミックスピンリリース認定トレーナー
国際メンタルイノベーション協会 認定講師
富島佳子
※ ライフデザインコーチ
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。


はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話




HP               http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com

トラックバックURL : https://hatarakuco.exblog.jp/tb/30426500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by HATARAKUKAISHA | 2019-02-21 16:53 | 「楽しむ」 | Trackback | Comments(0)