人気ブログランキング |

2014年 09月 12日 ( 1 )

中秋の名月

だんだんと登りゆくに従って
空色も夜の色へと変わり行きます。
f0347877_15221368.jpg

いつの間にか月は空高く上り
町の灯が輝きだしています。

私たちは昔から月とは深くかかわってきました。
江戸の昔月といえば明かり
を意味しました。

今と違って街灯などない時代です。
自分の鼻先さえ見えない真っ暗闇の道を歩く際
月明かりがどれだけ有り難いか
これは今の感覚では理解できないのかもしれません。

今となっては感じることの少ないその光。
月明かりはずっと昔から夜道を明るく照らしてきました。

けれども,月は太陽がないと輝きません。
太陽の光を映してこその輝き。

仕事においても
上司は部下を照らし
その光によって部下が輝く。

そんな関係性は思い当たりませんか?

上司が光り輝くだけで
周りが漆黒の闇ならば
部下やお客様はその闇の中で道に迷ってしまうでしょう。

上司が光を発し
部下を照らすことで
部下が光り輝き
お客様に喜んでいただく

人を照らす輝き
それは美しくも暖かく包むような柔らかい光に違いありません。
by HATARAKUKAISHA | 2014-09-12 15:25 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)