人気ブログランキング |

2015年 03月 04日 ( 1 )

梵字「ぼんじ」というのをご存知ですか?
サンスクリット文字を表すと言われている文字。

居酒屋の焼き鳥の中で
一番好きだったのに
びっくりするほどカロリーが高いと知り
注文するのもかなりためらう

「ぼんじり」

とは違います。

あ、あと

おかっぱ頭でおなじみの
大木凡人の

「ぼんど」は
ジェームズボンドから来てるらしいです。

あと大木凡人はグレーシー柔術が得意だそうです。

さて、梵字。

深大寺のだるま市は
毎年3月3日と4日に行われます。

梅の花の咲く境内に
赤いだるまが並ぶのは

春らしさがさらに増すようで
お正月のだるま市とは一味違った

華やかなだるま市です。

深大寺では
買ったダルマに僧侶の方が目を入れてくれます。

これはダルマの左目に梵字の阿字を書き入れるという
深大寺独特のもので
阿字はものごとの始まりを意味します。

1年後、心願叶ったダルマの右目に梵字の吽字
(ものごとの終わりを意味する)を入れ
感謝の意を込めてお寺に納めます。
阿吽(あうん)の呼吸はここからきているようですね。

f0347877_19533431.jpg

昔ながらの店が立ち並び
それに加えて屋台が所狭しと軒を連ねる
だるま市は
春を呼ぶお祭りとしてふさわしい風情と活気にあふれています。

梅も十分にほころび
春の風と冬の空気がせめぎあうころから

そろそろ本格的な春のにおいが立ち込めるこの頃は

客を求める掛け声さえも春を呼び込むような気がします。

縁起物のだるまに囲まれて
きっと楽しんだであろう江戸時代の人々のにぎやかな様子も想像しつつ

一段と春が待ち遠しい一日になりました。

皆様の願い事もかないますように・・・

yoshiko@hatraku
by HATARAKUKAISHA | 2015-03-04 19:56 | 「日々雑感」 | Trackback | Comments(0)