人気ブログランキング |

2015年 03月 09日 ( 1 )

何年か前の
家族の高校の卒業式に
レミオロメンがシークレットで来て

『3月9日』を歌って学校全体が揺れたそうです。

次の日のめざましテレビで
その様子を見て
羨ましさのあまり
納豆ご飯をどんぶりで
ドカ食いしたのを
昨日のことのように思い出します。

その日は卵と海苔とごまをかけました。


さておき卒業の季節。

パンパンに膨らんだ希望と
それと同じくらいの不安な気持ち。

レミオロメンは『3月9日』の曲で
こういいました。

『一人でないと気づけばどれほど強くなれることか』

北風から春風に変わる風は
きっと不安なその背中を押してくれることと思います。

前に読んだ話で

『人』をばかにしちゃいけないっていうのは
全くもってその通りなのだけれども

その中で忘れられがちなのが

『自分』であると。

案外自分のことは馬鹿にしたり
自分に出来ることはこれぐらいだろうって
たかをくくってみたりしがち。

どうせ自分はできないなんて思わないで
最後まで自分を馬鹿にしなかった人に
f0347877_2121474.jpg


桜の花

咲くのかもしれないなんて思います。

yoshiko@hataraku

by HATARAKUKAISHA | 2015-03-09 21:25 | 「日々雑感」 | Trackback | Comments(0)