人気ブログランキング |

2015年 04月 13日 ( 1 )

どうもこの頃天気が悪く
寒いと思っていたら

松岡修造先生が体調を崩されていたとのこと。

やはり。

ピンク色だった川沿いの道も
今はだいぶ黄色が勢力を増しています。

f0347877_16501836.jpg

ソメイヨシノは終わっても
ヤマザクラや八重桜は
まだまだこれから見ごろを迎えます。
春の風情を惜しみつつ
これからの新緑の季節を待ちわびる心もふくらんだり。

次々と織りなすように色を変える山々は
確かな生命力が
ふつふつと力強くなっていくのを感じます

春霞に見える山には
山吹がこぼれるように咲いていたりして
目に麗しいばかり。

つつじの見ごろもこれからですし
春のお楽しみはまだまだこれから。

松岡先生の回復が待たれるところです。

新入社員の方も
2週間だって少しは落ち着いてきたところでしょうか?

周りも少しは見えてきましたか?

周りの人へ心を向ける事もそろそろ出来てくる頃だと思います。

気遣いと気配り。

私が思うのは気遣いよりも気配りのほうがもっと大きくてふわっと包むような感じ。

気は遣っているうちは自分のモノ
配ってしまえば人のモノ
というように

相手の知らず知らずのうちに配るものが気配りなのです。

たとえば
一流ホテルのコンシェルジェのように

いろいろなお客様のいろいろな希望・要望や不平・不満など
様々な場面を事前に察知して
やさしく声掛けし、相手の考えていることを聞き出し、すばやく解決する。

相手に気付かれずに気を配る。

気を「遣って」いるうちは相手にも気を「遣われて」しまう悪い意味にとられてしまうこともあります。

気を遣うよりも気を配って五感を研ぎ澄まして
気働きのできる

そんなヒトになりたいですよね。(私も含む)

yoshiko@hataraku

HP   : http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2015-04-13 16:51 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)