人気ブログランキング |

㈱はた・らく会社
5周年イベント第2弾として

世田谷ものづくり学校で開催される

いのちの感謝祭に参加させていただきます。



よりよいコミュニケーションをテーマにした
ワークショップを予定しています。

どなたにもお気軽に参加いただける
楽しいワークショップです!

4月27日(土曜日)
15:00から2時間を予定しています。
詳細は後程お知らせします。



f0347877_13051030.jpg

世田谷ものづくり学校ってご存知ですか?

NHK朝ドラ「半分青い」

をご覧になっていた方はお分かりだと思いますが

佐藤健さんが扇風機をつくっていたあの場所が

世田谷ものづくり学校です。

2004年10月に廃校となった

旧池尻中学校舎を再生した複合施設で

各教室は、デザイン・開発・製造・販売・宣伝など

“ものづくり”に関わる

あらゆるジャンルのクリエイター・デザイナーが集まる

シェアオフィスとして活用されています。


当日は

他にもたくさんの出店があります!
とっても楽しいのでぜひ皆様ご来場くださいませ!

yoshiko@HATARAKU



はた・らく会社

60分コーチング始めました。(残1枠)

全米NLP&コーチング研究所 公認
NLPプロフェッショナルコーチ
富島公彦
※ エグゼクティブコーチ(経営者、管理者向け)
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ

全米NLPヘルスサティフィケーション
NLP上級スキルマスター
全米NLP&コーチング研究所
ダイナミックスピンリリース認定トレーナー
国際メンタルイノベーション協会 認定講師
富島佳子
※ ライフデザインコーチ
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。


はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話




HP               http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com


by HATARAKUKAISHA | 2019-04-06 13:11 | 「楽しむ」 | Trackback | Comments(0)

私は某有名千葉方面のアミューズメントパークにて
開園する前から研修を受けていました。

今から思えば
研修が楽しくてたまらなかったのを思い出します。

とにかく
「あなたたちと一緒に働けて私たちは嬉しくてたまらないのです。」
ということをあの手この手で伝えてくれていました。

研修の始まりのときに
いきなりロングドレスのお姉さんと
いかした帽子をかぶった短パン履いたお兄さんが
浮かれた感じでやってきて

「みなさん!○○ランドへようこそ!」
と挨拶した時には


「どちら様?」


と心の中で突っ込みましたけれど。
f0347877_18531396.jpg


わが日本の昭和の
「遊園地」
にはそんな浮かれた人はどこにもおらず
野球帽みたいなのかぶって、ジャンパー着たオジサンが
物憂げに観覧車に案内する・・・
みたいな印象しかなかったのですから
カルチャーショックたるや大変なものです。

あと、入園のためのパスを作る時に
満面の笑顔で写らないと
何度もやり直しさせられる・・・!!!
というのは
私のそれまでの常識を根底からひっくり返すもので

「まじか!」


思わず周りを見渡しました。

免許証の写真を撮る時を思い出してください

椅子に座った途端に
まだ何の用意もしていないまま撮られた証明写真。

学生証だってひどいものでした。(河童みたいでした)

あの頃は
「歯を見せて笑って証明写真を撮る!」
ということが全く文化になかった時代。

あれは恥ずかしかった。
短パンのお兄ちゃんがカメラを構えて
それに向かって笑うなんて・・・

今となっては
接客の極意
3分咲きから7分咲きまで
どんな笑顔も自由自在に操る私ですが(?)

アメリカの陽気なやつらの文化に触れた
最初の出来事でした。

でも
そこで働いていた時に思ったのは

「人が笑顔でいてくれるのは嬉しい」
ということ。

笑い顔を見て、笑い声を聞くのは
本当に楽しくて嬉しくて

しかもそれに自分が貢献している!
っていうのが
若かりし私の心にグッと響きました。

周りを楽しくすると自分が幸せになる
「はた・らく」は
その時に生まれたのかもしれません。

今から思えば
もしかしたら
「自分が楽しかったから周りも楽しくなった」
のかもしれませんね。

yoshiko@HATARAKU

を行います。

カフェで楽しくお話ししたいと思います。
どうぞお気軽にお申し込みください。

はた・らく会社

60分コーチング始めました。(残枠少なくなっております)

全米NLP&コーチング研究所 公認
NLPプロフェッショナルコーチ
富島公彦
※ エグゼクティブコーチ(経営者、管理者向け)
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ

全米NLPヘルスサティフィケーション
NLP上級スキルマスター
全米NLP&コーチング研究所
ダイナミックスピンリリース認定トレーナー
国際メンタルイノベーション協会 認定講師
富島佳子
※ ライフデザインコーチ
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。


はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話




HP               http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com

by HATARAKUKAISHA | 2019-02-21 16:53 | 「楽しむ」 | Trackback | Comments(0)

皆様
あけましておめでとうございます

東京の元旦は
とても穏やかです。
f0347877_08305121.jpg
登る前の肌さす空気は冷たかったけれど
雲の上からのぞいた
その温かい日差しを頬に受けて
眩しさとともにその力強さに包まれ
一時その寒さを忘れるほどでした。

昨年中は大変たいへんお世話になりました
皆様からの暖かく有難いご縁にて
こうして
はた・らく会社は新年を迎えることが出来ました。

本当にありがとうございます。

今年も
皆様とのご縁に感謝し
たのしく 張りきってまいります。

皆様におかれましても
愛にあふれる一年でありますように!

今年もはた・らく会社をどうぞよろしくお願いいたします。

yoshiko@HATARAKU
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。
一緒に頭から煙を出しましょう(笑)

はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com

by HATARAKUKAISHA | 2017-01-01 08:43 | 「楽しむ」 | Trackback | Comments(0)

私は世界一有名なネズミでおなじみ
ネズミーランドで開園する前から研修を受けていました。

今から思えば
研修が楽しくてたまらなかった。
(昔すぎて何やったかほとんど覚えていないけれど)

研修の始まりのときに
いきなりロングドレスのお姉ちゃんと
いかした帽子をかぶった短パン履いたお兄ちゃんが
浮かれた感じでやってきて

「みなさん!ネズミーランドへようこそ!」
(みたいなこと)
と挨拶した時には


「どちら様?」


と心の中で突っ込みました。
f0347877_18531396.jpg


なんせ
わが日本の昭和の
「遊園地」
にはそんな浮かれた人はどこにもおらず
野球帽みたいなのかぶって、ジャンパー着たオジサンが
物憂げに観覧車に案内する・・・
みたいな印象しかなかったのですから。

あと、入園のためのパスを作る時に
「ネズミースマイル」で写真に写らないと
何度もやり直しさせられる・・・!!!
というのは
私のそれまでの常識を根底からひっくり返すもので

「まじか!」


思わず周りを見渡しました。
周りの人は
仕方がない・・・と
何かをあきらめたような
達観したような佇まいで
表情筋一つ変えずにいました。

免許証の写真を撮る時を思い出してください

椅子に座った途端に
まだ何の用意もしていないまま撮られた証明写真。

学生証だってひどいものでした。(河童みたいでした)

あの頃は
「歯を見せて笑って証明写真を撮る!」
ということが全く文化になかった時代。

あれは恥ずかしかった。
短パンのお兄ちゃんがカメラを構えて
それに向かって笑うなんて・・・

群馬の田舎から出てきた娘っ子にやらせるのには
あまりにも酷な仕打ち。

今となっては
接客の極意
3分咲きから7分咲きまで
どんな笑顔も自由自在に操る私ですが(?)

アメリカの陽気なやつらの文化に触れた
最初の出来事でした。

でも
そこで働いていた時に思ったのは

「人が笑顔でいてくれるのは嬉しい」
ということ。

普通だけれど、笑い顔を見て、笑い声を聞くのは
本当に楽しくて嬉しくて

しかもそれに自分が貢献している!
っていうのが
若かりし私の心にグッと響きました。

ただ自分が楽しんでいただけだと思っていたのに・・・

こうしてあげたい!とか思っている時よりも
自分がこうしたい!と思っているときの方が

周りが楽しい人がたくさんいると思うのですが
どう思いますか?

そんなネズミの国ももう30才以上!

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 : info@hatarakukaisha.com



by HATARAKUKAISHA | 2016-05-09 19:02 | 「楽しむ」 | Trackback | Comments(0)

お休みの間の平日の金曜日

お仕事の方も
休暇を取って大型連休の方も

いかがお過ごしですか?
f0347877_164506.jpg


5日がこどもの日で
そのお休みの恩恵を恭しく受け取った大人の私ですが

今度の日曜日が
母の日だということに気付き

「1週間早くない?」

と焦っております。

慌ててアマゾンさんに頼ったところ
ステキなアレンジメントとかお花は売り切れ
もしくは当日には間に合わないものばかり。

完全に出遅れました。

母の日と言えば
5月10日生まれの母は毎年誕生日と母の日のお祝いを
一緒にされて悔し涙を流した人物ですが

私の娘も5月18日生まれ。

子を持つことになったならば
母と同じく無念な想いを毎年繰り広げることでしょう。
ごめん、娘よ。

悠々と泳ぐ鯉のぼりは
五月晴れの空にまさにお似合いでした。

いうことなしの子供の日が終わったら
ゴールデンウイークも終わりに近づきます。

何かと忙しい4月を終えて
この時期に長いお休みがあるのも
ちょうどよい気もしますが

ここからまたお仕事や学校が始まるのも
えいやあっ!と
思わないと中々元気が出なかったりすることもありがち。

風薫る五月
皆様どうぞご機嫌でよい初夏をお過ごしください。

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 : info@hatarakukaisha.com



by HATARAKUKAISHA | 2016-05-06 16:47 | 「楽しむ」 | Trackback | Comments(0)

今日は家の近所で
一夜限りのライトアップがありました。
f0347877_2201799.jpg


「アーク・システム」という会社の
旧社屋の近くに流れる川の桜1本を
社員の花見用にライトアップしたのが始まり

今では数百メートルにわたってライトアップされ
地域の名物となりました。

しかもこれが全てボランティア
地域の人たちにお世話になった
恩返しの気持ちなんだそうですが

照明機材の会社だけあって
ライトアップが笑っちゃうくらい

超本気

です。

夜なのに眩しくて
サングラスかけたくなるくらい(笑)

これからはた・らく会社が
何かのイベントで照明が必要な場合には

必ずや
アークシステムさんの照明で
いやというほど照らしてもらおうと思っています。

地デジも何のその
全てのしわというしわ
とばして頂きます。

これだけ素晴らしい桜のお祭りは
1日限りの上開催2日前にならないと発表されません。

夜店も出ないしお酒も売ってません。

でもこれ以上人が来ると
田舎の小さな町の小さな川
大変なことになると思われるので

賑やかなのは目黒川にお任せして
このお祭りはこれからもこのままで
楽しみたいなと思います。

歩きながらのスパークリングもなし!

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお手伝いお問い合わせは : info@hatarakukaisha.com



by HATARAKUKAISHA | 2016-04-06 22:02 | 「楽しむ」 | Trackback | Comments(0)

都会の雪は
その白さを長く保つことなく
肩身を狭くして
端に追いやられています。

山々に囲まれて
純白に染まる景色を美しいと思うのは
遠くから眺めているからなのでしょうね。

降り積もった雪の上を流れてくる風がこの上なく冷たく
滑る足もとに気を取られながらも
ついつい急ぎ足になりそうな心をいさめます。

いつもと同じ時間なのに
しんしんと冷える部屋。

そうだった
東京にも雪は降るのでした。

雨が夜更け過ぎに雪へと変わるのは
ロマンチックなクリスマスですが
週初めの月曜日。
できれば
たとえ雪が降ったとしても
夜更けのうちに雨へと変わって欲しかったと思う人が
大多数と思われます。

駅に入るのに何時間
ホームに上がるのに何時間って。

これをラッキーと思うのは中々の難問かと思われます。
ネズミの王国のスプラッシュマウンテンに並んでるにしても辛い状況。
f0347877_1512950.jpg


子供のころの思い出は

いつもより眩しい曇った窓を開ける時の
ドキドキ感
昨日の夜の天気予報が本当かどうか
まだまだ信じられない気分。

窓を開けたとたんに思わず「雪だ!」
冷たい空気も気分を盛り上げる要素の一つでありました。

ご飯を食べるのもそこそこに慌てて出かける学校

真っ白な校庭に一番に足跡をつけるのが
その日の勝者。

どれだけ濡れたかを競った
ストーブの囲いに掛けた手袋からのぼる湯気。

真っ赤になった手の先がだんだん温まるとともに
しびれて、ジンジンしてくる感じ。

雪を見て
「よっしゃー」と喜び勇んで飛び回る気持ちは
いつからなくなってしまうのでしょうね。

雪の日は電車に並んで頑張って
会社や学校に行かなくてもよければいいのに・・・(笑)

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
そうでない方も




HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-01-18 15:04 | 「楽しむ」 | Trackback | Comments(0)


すっかり一人前の秋。
朝床に足をつけると靴下がほしくなりました。

食欲の秋とは言いますが
深まりゆく秋のちょうどいま
旬のものを目で楽しみながら味わう贅沢は
四季のある日本ならではとつくづく思います。
自然の一滴を体の隅々で歓ぶ嬉しさ。

季節の恵みは体だけでなく心も嬉しくさせてくれます。
大切な人との食事はさらに楽しさも増します。
おいしいね、楽しいなと言いながら楽しく食べると
栄養の吸収も代謝も
格段に良くなるそうです。
大切な人とあったかいご飯を楽しく。

連休はどちらかお出かけしてますか?
そろそろ暖かいお鍋を囲む湯気も待ち遠しい
買いだめしている本もたくさん読みたい
高い空の下ゆっくり時間を忘れて過ごしたい

秋の楽しさを全部叶えてくれるのは
キャンプ。

キャンプの秋の朝は
それは気持ちがよくて
背筋が伸びる心地がします。

朝からたき火をしてお湯を沸かして
暖かいコーヒーと読書。

犬はそこら辺をうろうろして
山の緑にほんの少し赤や黄色が混じったのをのんびり眺めます。
f0347877_10152153.jpg
昼からはビールを飲んでもいいし
ハンモックで昼寝もいいし

起きたら時間をかけて料理をして
たき火を大きくして
ずっと火を見てみたり
美味しいお酒をゆっくりと楽しみながら
過ごす星の下。

ひんやりしてくる背中だけが
時のたつのを教えてくれます。
秋の夜長
もちろん


by HATARAKUKAISHA | 2015-09-21 09:52 | 「楽しむ」 | Trackback | Comments(0)

6月もまだ終わらないのに
もう梅雨明けが待ち遠しい気持ちになります。

こんな時には
夏の予感というのか
かすかな期待なのか

そこかしこの色やにおいや空気に
これからの季節の匂いを細やかに感じる気がします。

先日の父の日

世のお父さんは
息子はもちろんのこと

やっぱり
「娘」
からのプレゼントは一味違う嬉しさなのでしょうか。

これから先々
「○○さんと結婚させてください」
なんていうどこの馬の骨かわからない男が登場する時

仏頂面をしながら、
「母さん!お茶」
とか言ってごまかそうとしたら
「お父さんちゃんと返事して!」
とか娘に怒られて
うむ。なんて返事したりするのに。

娘が小さいころに父親が
「〇〇ちゃんは誰と結婚するんだっけ?(←誘導尋問)」
なんて聞いて
「パパ!」
なんて可愛らしく言ってくれるのは
ほんの一瞬なのに。
f0347877_15181817.jpg


この頃は父の日に
ひまわりを送るのが流行しているとか。

私もここ何年かひまわりにしています。

大輪の花がキッと1点を見据えて咲く様は

『私は貴方だけを見つめていたい』
という花言葉がまさしく
しっくりとくるような気がします。

SUNFLOWER

太陽の花。
明るくて前向きで
光り輝く夏にぴったりの花です。

「笑顔」 「元気」

このふたつも

その存在だけで周りを明るくしてくれる
ひまわりにふさわしい花言葉だと思います。

6月もあと少し。
梅雨なら梅雨を楽しんでまいりましょう。


yoshiko@hataraku

HP   : http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2015-06-24 15:21 | 「楽しむ」 | Trackback | Comments(0)

すももが赤く色づいたり、
ぷっくり青い梅の実が雨をはじいてたり。

恵みの雨は時には恨めしいけれど
美しく清らかな世界をも
そこかしこに見せてくれています。
f0347877_12233549.jpg


昨日は鎌倉に行ってまいりました。

あまりの人の多さに
びっくりしたというか呆気にとられたと言うか

昔はこんなことなかったのに。

鎌倉の紫陽花。
でもやはり目をくぎ付けにします。

重たいほど花をつけ
それでいてピーンと張った茎で支えるこの花は

雨の中に凛とたたずむときに
さらに気高さを感じるのだと思いました。

梅雨の雨は
次に待つ季節のギラギラ輝く光を受けんとする力を身に宿します。

木々の緑はその恵みを受け
さらに輝きをまし

田畑の作物は
力強く伸び行きます。
f0347877_12222557.jpg


日本には4つの梅雨。

春と夏の間が、今の梅雨、

夏と秋の間は秋雨(または秋の長雨)であり、
秋と冬の間が山茶花梅雨、
そして冬と春の間が、菜種梅雨。

移りゆく季節のはざまの雨

これこそが絶妙なバランス感覚を
日本人に与えてくれた天の恵みなのかもしれません。

じとじと
など

マイナスなイメージが先行する梅雨ですが

雨上がりの紫陽花の花びらに吸い付く水滴の数を眺めたりする朝や
小ぬか雨の肌寒いときなどは
情緒あふれる風景を楽しむ心を楽しめるかも知れませんね。

yoshiko@hataraku

HP   : http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2015-06-18 12:25 | 「楽しむ」 | Trackback | Comments(0)