人気ブログランキング |

笑う門には福来る

昨日の読売新聞に

三越伊勢丹が
来春から国内の販売担当の社員を対象に
販売実績に応じた成果給制度を本格導入するとありました。
f0347877_1837127.jpg


役員並みに給与をもらう販売員もいてほしい
とも。

成果に見合った報酬で報いることは
とても良い取り組みだと思いますが
単なる売上高で比較できないのが
難しいところであり
これからの課題だと思います。

お客様のために日々おもてなしに努めている
販売員にスポットがあたることは

「販売員の地位向上」を応援する私にとっても
年末に届いたうれしいニュースでした。

もっともっとこの素晴らしい販売という仕事が注目され、
販売員を目指す人が増えるとといいなぁと思います。

今年も残すところあと3日。
テレビも年末ならではの特集にあふれています。

何もかもが新しいことばかりで
戸惑いながら、迷いながらも
皆様のお力添えをお借りし
こうして穏やかな年末を迎えることができました。

ほんとうにありがとうございました。

毎年思うのが
一年の区切りが寒いこの時期にあるのが
とても納得いくということ。

新しい年を迎えるのに
気持ちがしゃんと引き締まるのは
きっと
きりりと引き締まったこの冷たい空気のおかげもあるのでしょう。

のんきな写真を見ると信憑性が疑われると思いますが・・・笑
来年も笑顔があふれる世の中になりますように・・・

皆様
どうぞお健やかでよいお年をお迎えください。
by HATARAKUKAISHA | 2014-12-29 18:50 | 「おもてなし」 | Trackback | Comments(0)

Merry Christmas!!

街は煌めき
そこかしこにクリスマスの夜を彩る光が満ち溢れています。

f0347877_174343.jpg

晴れやかな気持ちになるお正月は
もちろん楽しみでもあり身も引き締まりますが

みんなの笑顔があふれるクリスマスは
今では日本流の素敵な行事となりました。

Merry Christmasですが、
このmerryは楽しい・愉快な・陽気 笑いといった意味合いを持つ形容詞だそうです。
メリーゴーランドなども 楽しい、回るといった感じです。たぶん・・

プレゼントはもらうのはもちろん楽しいけれど
あげた人の喜ぶ顔を見るのも
それ以上にうれしいものです。

もしかしたら
今もクリスマスプレゼントを選ぶお手伝いをしている
たくさんの販売員さんは

その笑顔をより一層華やかに美しく彩るお手伝いをしている
サンタクロスかもしれませんね。

はた・らく会社も
皆様にたくさんの笑顔と楽しみを届けたいと思います。
はた?? merry company??  笑

皆様に温かさと喜びに満ちたクリスマスが訪れますように・・・
May you have a warm, joyful Christmas this year!
by HATARAKUKAISHA | 2014-12-24 17:15 | 「楽しむ」 | Trackback | Comments(0)

先日、本屋でふと一冊の本が目に留まった。
「加賀屋さんに教えてもらったおもてなし脳」
という本だ。おもてなしの本はたくさん読んだが
この本は脳科学者の茂木健一郎さんが
書いたというところがとても興味を引いた。

f0347877_8552415.jpg

加賀屋のおもてなしの根幹は気づきにあり、
そのプロセスは
「客室に案内するあいだにできるだけの情報を読みとる」
「喜ばせようとさまざまな工夫をする」
「うまくいって笑顔になつてもらえた、感動して感謝の言葉をもらった」
「とてもうれしかった」
「気づきのエキスパートはこの経験を繰り返す中で育っていくというものだった。

これを見てビックリした、私が前職で話を聴いた販売のエキスパートも
若手を育てる方法として同じようなことを言っていたからだ。
このお客様に喜んでいただく体験を積み重ねることで優れた販売員に育つというものだ。

お客様に喜んでいただける事が積み重なるごとに
この仕事の楽しさ、喜びが深く心に沁みて
もっと喜んでいただきたい
と言う気持ちが湧き上がってくる
と、異口同音に言っていました

近年の脳科学の研究で「人のためになにかすると、自分が喜びを感じる」
ことが、明らかになってきたそうで他人が喜ぶ、利益を得るような利他的な行為をしているとき、
脳では「報酬系」と呼ばれる回路が活動していることがわかってきたそうだ。

人のために何かするとドーパミンがが盛んに分泌され、楽しくなったり、やる気が出たりするそうだ。

生物は利己的なもので、他人が得することには喜びを感じない
他人のために一生懸命働くことは奴隷的で辛いことと思われていたが

他人のために働くことは脳がうれしい、喜ぶことだ
と科学ががそう語りかけているようなのです。

そこには
自分がそうしたい
やらされているのではない

と言うことが鍵になっているような気がします。

おもてなしがモチベーションにつながることが
脳科学的に解説されているのが非常に興味深かった一冊です。

簡単に読める本なのでお正月にぜひ読んでみてください。
by HATARAKUKAISHA | 2014-12-16 09:02 | 「おもてなし」 | Trackback | Comments(0)

冬の月

昨日はもう一つの理念プロジェクトの初日でした。

理念は
自分の内側にそれを感じてこそ
大事な時にそれを軸に行動することができます。

f0347877_22381468.jpg

外側から眺めているだけでは只のお飾りです。

今日集まってくださった皆様は

これからの会社の理念について
一人一人主役となりこれからのあらすじを描いてくださいました。

もし、あなたの会社に心底そうだと思える理念があるならば

たとえば仕事に迷った時、悩んだとき。
あなたがするべきことはただ一つ。

それは理念に沿っているのかそうでないのか。
それだけを頼りに進んでいけば

この暗闇を照らす月のように
必ず正しい方向へとあなたを
そして会社を導いてくれるでしょう。

真摯に取り組んでくださった皆様の顔を想い
あの月のように皆様の行く道を照らすお手伝いしよう。
そんなことを想う冬の夜です
by HATARAKUKAISHA | 2014-12-09 22:45 | 「理念」 | Trackback | Comments(0)

f0347877_1754273.jpg
昨日はファッション業界に特化した派遣会社様の
新卒二年目フォロー研修をさせて頂きました。

まずは社会人になってからの1年8ヶ月の振り返り。

そして販売スキルの向上を目指し
お客様の購買心理を深く理解するための講義

それを踏まえてのロールプレイイングを行いました。

接客はお客様の心理を理解するとしないでは大違いです。

もちろん感性で接客を出来る方もいますが
そんな天才肌の人がスランプに落ちた時はどうするのでしょう。

質問すると、皆さん声をそろえてこう言います。

「基本に立ち返る」

立ち返る基本があるかないかでは大違い
基本の大切さは
今年大活躍の錦織圭も強く語っていました。

何かあったら基本に立ち返る。

そのためにもお客様の購買心理の理解と基本販売行動は必須です。

二年目の皆さんには一所懸命取組んで頂き
販売の奥深さ、そして楽しさを改めて感じて頂けたと思います。

これからの成長がますます楽しみになりました
by HATARAKUKAISHA | 2014-12-03 17:55 | 「おもてなし」 | Trackback | Comments(0)