人気ブログランキング |

<   2016年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

もう何度読んだか分からない
「一瞬の風になれ」
何年か前の本屋大賞で
高校生の陸上部短距離選手のお話。

零コンマ何秒の世界にかける青春が
絞ったら本から汗が出てくるんじゃないの?
って思うくらい瑞々しく書かれていて
読むたびに胸が痛くなったり
号泣したりで忙しいのですが

一番好きな個所が
主人公が夏休みに自分をとことん追い込んで
ひたすら「速くなりたい」為に過ごす日々の描写。

『午前中は学校で部活。昼めし食ってから午後はプール。
軽食食って晩飯まで昼寝し
日が落ちて涼しくなってから公園の坂をガンガン走って
夜食を食って寝る。

「ゾウみたいに食べるわね~」
と母さんは嬉しそうに1日5食をガッツリ作ってくれた。
たくさんの野菜とデザートにフルーツたっぷり。

ハードな日々だ。真っ暗に頭をつけたとたんに寝入ってしまう。
たらふく食って死んだようにたっぷり寝て
残りの時間はほとんど全部練習だ。
夢の中でも俺は走ってる。

これが結構いい感じで、
よし分かったつかんだ。これはいけるって
嬉しさいっぱいで目が覚めて少しがっかりする。』

読んでいる側は
身体の隅々まで少しの隙間もなく
「速くなりたい」だけを考えている一途さを
懐かしい思いと羨ましい気持ちと
切ない思い出と共に浸るだけだけれど

その内容は本当は壮絶で
苦しくて苦しくてたまらないことの繰り返し。
f0347877_1561333.jpg


つくづく思うのは
「はた・らく」の楽は
楽をする「らく」ではなくて
逆説的みたいだけれど
楽しいことのためなら
どんな大変で苦しいことでも出来てしまう。


ということなんだと思います。

販売員さんはいつも楽しいことばかりじゃなくて
辛いときにもお店に立ったら
「笑顔で」いなくてはならない。

それはとても苦しいことかもしれないけれど
まずは「笑って」お店に立っています。

「お客様に楽しんでもらいたい
それが私の楽しくて好きなことだから」


毎日笑顔で
お客様のためを愚直に想って
お店に立っている販売員のみなさん。

みなさんのことを
「はた・らく会社」は心から応援します。
そして少しでもお役に立てたらいいなと
思っています。

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
そうでない方も


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-02-26 15:14 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

笑顔は脳も喜ぶ

お店に立ったら
何が何でも笑顔笑顔!!

笑顔が何より一番!

販売員の方は
そう言われたことも数ある事と思います。

笑顔は
表情筋の動きによる筋肉の動き

笑いなれていない人は
本当に笑えてなくて

ああ、もったいないな
と思うことがよくあります。

たとえば歯並びに自信が無い人。
知らず知らずのうちに歯を隠して笑う癖は
長い間そのままになっているので
よほど意識を変えていかないと

「上の前歯を8本見せること」さえ
出来るまでに時間がかかることも
少なくないのです。

口角が下がっている人。
自分が思うよりもっと意識してあげようとしないと
思ったより上がっていなかったり。

走ったり、ジャンプしたりするのと同じように
筋肉は鍛えないと動かない。

朝起きたら
表情筋を鍛えるストレッチを
ぜひともお勧めします。
f0347877_1610040.jpg


あとそれから

「楽しくないから笑えない」

のではなく

笑っているうちに

「あれ、顔の筋肉が笑っている動きをしてるな」

って脳が思うと
自然と

「楽しい」って
勝手に判断してくれるので

とにかく口角を上げて笑ってみる。

忘れてならないのは

「目」

目は口程に物を言う
というのは本当で

目で伝える気持ちは
驚くほど伝わるもの。

引き込まれる笑顔で
あなたらしく輝いて。

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
そうでない方も


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-02-25 16:12 | 「おもてなし」 | Trackback | Comments(0)

お客様の大切な名前を
大切に扱う礼節を知ったお店は分別のある大人のお店。
と読んだ覚えがあります。

名前を呼ばれると嬉しい
なんだか特別感があって
大切にしてもらっている感じがします。

名前と言えば印象深いのが

某ネズミの海のホテルのレストランに予約したときのこと

当日予約の名前を告げた後
案内されるときに

「ようこそおいでくださいました」
[〇〇くん 〇〇ちゃん!」


と子供の名前を呼んでくれたのですね。

さすが抑えどころを知っているネズミさん。

親は自分よりも
子供が嬉しいのが嬉しいって知っとるやん。

呼ばれた子供も
大層嬉しそう。

そしてテーブルについても
担当のそれはそれはかわいらしい別のお姉さんも

〇〇ちゃん!と呼びながら
まるで紳士淑女のように扱ってくれます。
f0347877_16405935.jpg


私が前職のときには

お話の中でそのタイミングがあれば
できるだけご家族のお名前を聞くようにしていました。

できれば誕生日やお年なども。

お孫さんのお誕生日近くに

「そろそろ〇〇ちゃんのお誕生日ですね
今年も去年と同じようにレストランでお食事ですか」

などとお話をしたときが
一番驚かれて
そしてとびきり嬉しそうに
お話してくださったことを思い出します。

私のカルテには
その時の天気から
着ていた服や靴バッグ
お財布の形とか

けがをしていらっしゃったら
たとえばんそうこう一つでも場所を覚えておいたり

お話しした時のご気分の様子など(お疲れ?)もふくめて
それこそ何でも書いてありましたので
その方がいらっしゃるときには
必ず読み返して

始めていらしたときから
前回いらっしゃったときまで

どんなお話をしていたかを復習します。

そうすると
その方とお会いするのが楽しみになって
早くいらっしゃらないかなあ~
今日はこんなお話がしたいなあと

ワクワクするのです。

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
そうでない方も


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-02-24 16:48 | 「おもてなし」 | Trackback | Comments(0)

お店は店長さんしだい!

本日は某社の店長会議で
店長始め300名程の方々の前で講演をさせていただきました。

私の講演の前に社長訓示を伺わせて頂きました。

「お客様最優先」を理念に掲げて
お客様満足を第一に考えれば、
利益は後からついてくる。

大丸さんの「先義後利」の考えを例に
社長様が訓示でお話されていたのが印象的でした。

ユナイテッドアローズの重松名誉会長も
よく先義後利の話をされていました。
f0347877_17474256.jpg


お客様満足を一番に追求し続ければ
売上も利益は上がって
従業員にも還元できる。

お客様に喜んでもらえることを喜んで

そのうえ目的も達成して達成感を味わる。

大切なのは
この好循環を楽しみながら上手く行くまで

「トコトンやり続ける」こと。

本気で思って
本気で楽しんで
本気で取り組むことを

やってみる。やり続けてみる。

やるかやらないか。

覚悟を決めましょう!

とにかくお店は店長さん次第!
大変だけど楽しい
苦しいけれどうれしい店長の仕事を

責任をどっしりと受け止め
達成感をとことん味わいつくして
張り切って笑顔でいてほしいと心から願います。

はた・らく会社

ファッション業界へ就職希望の方へ
そうでない方も


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-02-23 17:50 | 「理念」 | Trackback | Comments(0)


『なぜ自分がそれを思いつかなかったのか!』

といわれることが
イノベーションでの最大の賛辞だと
ドラッカーは言ったといいますが

気を付けてみれば
イノベーションはすぐそこにあるものです。
f0347877_19144286.jpg


最初に
冬のゴルフ場でスタートのところに
ひざ掛けを
「どうぞお使いください」と
置いた人。

寒いからホカロンを配ったらどうかな?
って思った人。

きっと
考えていたらどんどん楽しくなってきたのでは
ないでしょうか?

こんなことしたらもっと楽しいんじゃないか?
じゃあこんなこともできるんじゃないか?

ってワクワクしてきますよね。

ランチのときに
こちらにおかけください

Sカンを肘掛けに用意してもらったこととか

思い返してみれば
夏の暑い日に冷たいおしぼりや
氷水が用意してあったり

おぬしやるな!

と思ったことも数々ありました。

面白がって楽しんで
これはどうだ?

って考えてたら

自然とお客様も喜んでたっていう感じの
そんな流れがいいと思った

ゴルフ場での思い出。

ちっちゃなイノベーションも
すごい。

はた・らく会社

ファッション業界へ就職希望の方へ
そうでない方も


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-02-22 19:23 | 「おもてなし」 | Trackback | Comments(0)

捻挫は甘く見ると痛い目に合う。

年を取るとけがが治りにくくなるというのを
日々実感しております。

一番びっくりしたのが
捻挫したのが足首なのに
いまはけがした足全体がむくんで

「そうさん?」

という具合になっております。

ちやほやされる
マリーアントワネット時代も終わりをつげ
民衆はパンを求めて暴動を起こしかけております。
f0347877_15463975.jpg


そんな中
今の癒しの時間は
整骨院TIME

このところ毎日通っている整骨院は

本当に気持ちが良くなる整骨院です。

けがが良くなるだけじゃなくて
心も気持ちいい。

けがを見た時に
本当に心から
大変でしたねえ~~と声を掛けてくれて

一緒に頑張りましょう!
と力強く応援してくれます。

通うごとに
状態が良くなると

小さな声で「よし!」と満足げな声で何度もうなづいて

「テーピング大変でしたね」

「すごく我慢したでしょう!ありがとうございます!」

と声を掛けてくれるのです。




「・・・・・・・ありがとう??」


文脈としては少々変なところもあるかもしれないけれど

自分は全力でこのけがを治したい!

窮屈かもしれないけれどこのテーピングで
頑張って過ごしてほしい

ちゃんと自分の伝えたことを守ってくれて
その成果が出ている!

うれしい!

ありがとうございます!

ということなんだと思います。

よくなってきてますよ、よかったですね!
といわれるその何倍もなんだかうれしい。

感謝されるようなことはしていないはずなのに
感謝される場所でもないのに

ありがとう!っていう言葉が
こんなにうれしいなんて。

治ってくれてありがとう!って!

自分がこんなに気にかけてもらって
真剣に相対してもらえてる

といううれしさなのでしょうね。

この整体院のホスピタリティーは
その語源となる

「hospes(客人の保護者)」
から派生して

「手厚いもてなし」

「相手を幸福にするために
自己の最善を尽くしきる」

を体現しているな~と実感しています。

しかもイケメンでございます。(←ここ大事(笑))

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
そうでない方も


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-02-19 15:52 | 「おもてなし」 | Trackback | Comments(0)

喜んでもらえるって
もうそれだけでご褒美ですよね。

褒めてもらうよりも
嬉しいかも。

小さなころ
ちょっとしたお手伝いとかして
「わあうれしい!ありがとう」
なんて親に言われたら
もう天にも昇るような心持ちで

すごいねえって褒められるよりも
嬉しさのレベルは上だったような気がします。

今から思えば
親にしてみれば
私を天に昇らせるのは
お茶の子さいさいだったな。
f0347877_198444.jpg


でも
喜ばれないと
どうして?どうして喜ばないんだよ!

と相手を責めてしまいたくなること
ありませんか?

まずは
自分がそれをすることが
嬉しくて 楽しくて してあげたくて

その結果なんだか知らないけど嬉しいって思ってもらえてた。

そんな流れになっていないと
下手すると
こんなことしてあげたのに・・・なんて思ってしまったら
つまらない。

自分が楽しくて
これ面白いなあって盛り上がって

それが嬉しがってもらえるのが
一番楽しい。

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
そうでない方も


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-02-18 19:08 | 「日々雑感」 | Trackback | Comments(0)

その服が気に入らないのは
「誰のせいでもない・・・」

試着ってとってもハードルが高いと思いませんか?

まず、着替えるのがめんどくさい(私だけですか?)
一旦着たら断るのが申し訳ない。

お客様は神様・・・といいますが

通常の心持ちの人であれば

「店員さんに迷惑かけたら申し訳ないな」

と(少しでも)思っているのではないでしょうか。

気に入らないなんて言ったら、傷ついちゃうのでは?
とか
やっぱりいらないっていうのは忍びない。

って思ってしまうから
試着自体がおっくうになってしまう。
f0347877_20113375.jpg


でも
販売員さんは
着てもらったらうれしいのが当然なのに

どうしてお互いの気持ちがすれ違ってしまうのでしょう。

これってお互い不幸だとは思いませんか?

いっぱい着ていっぱい試しても大丈夫
断っても全然OK当たり前。

どこがいまいちなのか
どんなだったらいいのか

そんなことを販売員に話してほしい
そして
「あっそれならこんな手もありまっせ!」

と続いて行くのが

「お店」

ならではの物語。

お客様自身も分からなかった
「ちょっとちがう・・・・・」
という想いを汲んで
「それなら!!」と
あの手この手を繰り出すことが

「あなた」だけが出来ること。

そうやって紡いでいくステキなお店の物語。

はた・らく会社

ファッション業界へ就職希望の方へ
そうでない方も
「ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話」


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-02-17 20:12 | 「おもてなし」 | Trackback | Comments(0)

先日は
西川産業様の全国FA総決起大会で
講演をさせていただきました。

さて
西川産業って皆様ご存知ですよね。

でも
創立450周年!ということをご存知でしたか?

室町時代です。大河です。
教科書のレベルです。
もう想像の上を行く歴史なのですが

その450周年総会で
お話しさせて頂く事が出来ました。

大変光栄なことで
有難いことです。

気合を入れて講演会場の馬喰横山にむかいました。
f0347877_18555121.jpg


テーマは
「「あの人から買いたい」販売員になるために。」

西川産業様には
スリープマスターという資格があります。

眠りに関するスペシャリストで
専門的なアドバイスをするために
深く幅広い知識を持っている人達。

眠りに関しては
悩みがある人も多いと思います。

私も枕にはうるさく
枕が変わると寝起きが悪かったり
首をおかしくしてしまったりします。

そんなときのスリープマスター

私も枕では西川様にお世話になりました。

専門知識では間違いなく
お客様を満足させて差し上げられる人々が

さらに
「あなた」から買いたい!
と思ってもらえるにはどうしたらいいかを
お話しさせて頂きました。

ただ寝具を売るだけじゃない
布団に入った時
あ~しあわせ!と思える瞬間

朝起きた時に
今日も一日がんばるぞ!と思う瞬間共にする
そんな「とき」をお客様へ、との思いで
毎日店頭で笑顔で立っている
販売員の皆様のチカラに
少しでもなれたらと思います。

はた・らく会社

ファッション業界へ就職希望の方へ
そうでない方も
「ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話」


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-02-16 18:57 | 「おもてなし」 | Trackback | Comments(0)

自宅の目の前が
某コンビニエンスストアで

日課か!というほど
通っております。

もちろんこちらは店員さんの顔もよく知っていて
隙あらば挨拶の一つもしようと
チャンスを図っているのですが

なかなか目を合わさない
心を開いてくれる気配が無いのです。

場所によっては
とってもアットホームな接客をしてくれるところも
あるかと思うのですが

なかなか私の行きつけでは
皆さんシャイな方ばかりで
ちょっと残念に思っていました。
f0347877_16553984.jpg


で、
これだけはどうしても言いたい!
と言うことがあって
家族に愚痴ったのですね。

毎回
「Tポイントお持ちですか?」
と聞くのをどうにかしてほしい!

絶対私が持ってるの知ってるでしょ?
ってことです。

だって(ほぼ)毎日会ってるんですよ。

そうすると
私の家族(22歳女子)の答えが全く持って面白かった。

「あなたがいつもそこに行くときには
 どんな格好をしているのか?
 化粧をしてキメているわけでもなかろうに」

「すっぴんで伸びきったジャージ、ボサボサ頭で行くあなたに
 あ~こんにちは!と言うよりも
 知らない(てい)で接する
 店員さんの日本海溝よりも深い優しさと思いやりが
 あなたにはわからないのか!」と。

「少なくとも私は知らないふりをしてほしい」

う~~んと。
深く納得したような
煙に巻かれたような。

そんなに声かけるのもはばかられるような
格好していたのでしょうか(笑)

たしかに
おもてなしされ得意な私にしては
積極的にいかなかったのは
すっぴんのジャージってところもあるので

その気持ちを汲んで
あえてのツンデレ接客だとしたら・・・

すごいぞ!〇〇〇〇ーマート!

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
そうでない方も
「ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話」


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-02-15 17:00 | 「おもてなし」 | Trackback | Comments(0)