人気ブログランキング |

早くに咲いた桜の花も
花冷えのおかげか
今年は長く楽しませてくれそうと思っていましたが

花散らしの雨と共に
今度の週末が最後のお花見になってしまうかも
なんて天気予報が言っています。
f0347877_1135322.jpg


駆け足で過ぎていく桜の季節ですが

はらはらと落ちる花びらが
川面を彩るのもそれもたのし。

葉桜は葉桜で小さな葉っぱを愛でるのも
かわいらしいものです。

桜の時期は別れと出会いの時期。

袴の麗しい女性の輝きも
新しい制服の初々しさも

うれしい眺めです。

今日は3月31日
年度末。

お正月の一区切りもあるけれど
今日の区切りも
大忙し。な人が沢山。

私はというと
そんなに変わらなくて
普通に機嫌よく過ごしています。

天気もいいし、あったかいし
桜も咲いてるし

いい年度末です。

皆様ピンクの余韻を楽しむのを楽しみに・・・
よい年度末を!(笑)

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお手伝いお問い合わせは : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-03-31 11:41 | 「日々雑感」 | Trackback | Comments(0)

2年目を迎える皆さんが
新入社員の入社によって
終わりを迎えること。
f0347877_064780.jpg


それは・・・

一番下で可愛がってもらってたのに
下の子が出来ちゃう!
末っ子の時期が終わりを告げること。

後輩が入ってくるのは嬉しいけれど

その後輩が頑張り屋で素直で
ぐんぐん成長していく姿は
眩しくて見ていられない・・・




・・・ヤキモチです。

教育を任せてもらったりすると
伸びていくのは嬉しいことなのに

なんだかもやもやしてしまう・・・

なんだかんだ言っても、
入社して丸一年くらいだったら
まだまだ自分の接客にも自信が無くて

自分より下が評価されてしまうと
じぶんが取り残されてしまう

それはちがーう!

そんな風に思ってしまっては
素直に後輩が評価できなくなってきてしまいます。

本部へのフィードバックにも
まだまだですね~とか
答えてしまったり。

そんな自分にもうんざりしたり。

本当はすごく頑張っていて
ぎこちなくても一生懸命笑顔で
お客様に相対しようとしていたのはちゃんと見ていたのに。

それをちゃんと伝えられなかった・・・

でも
そんな気持ちは本当にもったいない。

後輩を育てたあなたを
ちゃんと周りは

見ていてくれますよ。

後輩と共に成長していくあなたを

見ていてくれますよ。

ということ。

そんなあなたに足りないのは
自分に対する自信。

後輩が伸びていくのは

あなたがいたから。

あなたに任せたから。

後輩が伸びていく姿を頼もしく眺め
振り返って私も頑張ろうと張り切り

そんな連鎖がステキなお店をつくります。

そんなお店に私は行きたい。

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築
人事制度
セミナーのお手伝いお問い合わせは : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-03-30 00:09 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

新入社員研修は親心が?

先週の金曜日
株式会社ファインズ東京様
新入社員59名の研修
全てのスケジュールを終えました。
f0347877_17423529.jpg


最後は一人ひとり壇上で
行動宣言を行ってもらいました。

ん~~なんだろ
あまずっぱいような、切ないような
気持ちになりますね
この宣言を聞くときには。

ラストを飾った
全員そろっての挨拶と笑顔。
会場に響き渡る声と
自信にあふれた佇まい。
観る者を魅了する笑顔。

どこのお店に立っても恥ずかしくない
販売員のひな鳥が飛び立ちました。
f0347877_174437.jpg


まだまだやれることも少ない
失敗することもたくさんあるかもしれない
新人さんたちですが

一生懸命真面目に取り組んでいってくれると
信じています。

見学に来ていた
ある会社の人事の方が

「本当に心洗われますね!」
としみじみおっしゃっていて
私もその通り!と思いました。

「なんにでもなれる」

と私は皆さんに伝えました。
心の底から自分を信じて欲しいなと思います。


これから新入社員を迎える先輩方
胸いっぱいに希望と夢を詰め込んで
きらっきらの瞳でいた昔を思い出して

たくさん可愛がってあげてくださいね。

間違っても
歓迎会の二次会で上司がいなくなった時に
会社や上司の悪口で
ひな鳥をしょぼんとさせたりしないよう(笑)

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築
人事制度
セミナーのお手伝いお問い合わせは : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-03-28 17:46 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

f0347877_1455657.jpg

学生はファッション業界に夢を見る?

引用記事

「最近、ファッション業界を目指す若者が減っている。」
「労働環境や労働条件が悪いからだ!」


・・・・・本当でしょうか?

そもそも労働環境や労働条件(給与等)は
衛生要因(不満足を解消する要因)であって
動機づけ要因(やる気につながる)ではないのです。(ハーズバーグの動機づけ・衛生理論)

もちろん、長く続けていくには衛生要因(不満足を解消する要因)は
ある一定以上の水準にする必要があります。

長年にわたり
販売員の地位向上をしなければといいながら
多くの企業が実現できていない。
これは絶対改善すべきです。

けれども
本質は衛生要因の労働環境や報酬だけではないのです。

私が新卒でファッション業界に入った当時
労働環境は今よりも悪かったですが
とてもキラキラしていて魅力的な業界に見えました。

そして
30年近くこの業界で働かせて頂いて
好きなことを仕事にしてよかったと心底思っています。

先ほどの
「動機づけ要因」には
達成、承認、仕事そのもの魅力、責任、昇進、成長などがありますが、

特にファッション業界が怠ってきたのは、
「若者に向けて仕事そのものの魅力を伝えてこなかった」
ことでないでしょうか?

そしてこの業界に来た人たちが、
仕事を通じて自らが成長する実感を味わえる教育環境を整える努力も
まだまだだと思っています。

そして何よりも
多くの人にこの業界を承認してもらうことが重要なのです。

そもそもファッション業界は
本当に洋服好きの人が来て、徒弟制度的に学んでいれば
それでいいのだという
とても内向きな業界でした。
でもそれではもうだめなのです。

私は一昨年まで
大手セレクトショップで新卒の最終面接をしていましたが
本人は洋服が大好きで内定して大喜びしながら、
「うれしい、頑張ります!! 」
と握手した数日後
「親がファッション業界は辛いし、大変そうだからやめなさい」
と言われたと申し訳なさそうに辞退に来る若者が毎年少なからずいました。

そんな時には
とても悔しく、悲しい思いが募りましたが
自分達が伝えきれていない
このファッション業界のことをもっと知ってもらわなければ
とも改めて思い返したものです。

ファッションの仕事は変化が激しく、
それを追いかけ、常にワクワクドキドキできる仕事ですし、

販売員の仕事も自分の好きな洋服をお勧めして、喜んで頂き、
お買上げいただいた上に、
お客様から「ありがとう」と言っていただける素晴らしい仕事です。

好きなことを仕事にしない方がいいという人がいますが、
好きなことを仕事にすることが一番です。
どんな仕事をしていても辛いことがあるのは当たり前、
でも「好きなこと」なら
なんの苦にならないし
「好きなこと」だからこそ
とことん頑張りぬけるのです。

最初に入ったアパレル会社で、
残業を減らそうという全社的な取組みがありました。
人事部員がある時間になると
フロアを回って帰宅を促していたのですが
ある女性が言いました。
「私はファッションが好きでこの仕事をしているのです。
どうせ家に帰っても洋服のことばかり考えています。
自分が好きでやっているので邪魔しないでください。」

私は愕然としました、こんな人には逆立ちしてもかなわないと思いました。

それでも過度の残業は心身の健康によくないのは大前提ですが、
彼女はまさに
「動機づけ要因」の仕事そのものの魅力に取りつかれていたのです。

この新卒採用で業界研究をする時期に、
こんなにネガティブな情報ばかり流していないで
もっとファッション業界の仕事の楽しさ、魅力を積極的に伝えていきませんか?

同じサービス業でも
ホテルやアミューズメントパーク、キャビンアテンダントなどの
素晴らしいサービスを書いた本はたくさん出ていますが、

ファッションの販売の本は
ノウハウ本ばかりでその仕事の魅力は
まだまだ伝えきれていないと思います。

ホテルやアミューズメントパーク、
キャビンアテンダントの仕事も
決して労働環境や労働環境がいいとは思えません。

でもファッション販売員より人気があるのは
魅力を伝える努力をしているからだと思います。

私は多くの人にファッション販売員の魅力を伝えるため、

「ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話」
という本を出しました。

私はもっとたくさんの人に
「ファッション業界の魅力を伝える本をだしたい!」
と思ってくれる人が続いてほしいと願っています。

私の次の目標は
「ファッション販売員とお客様のふれあいを描いたドラマ」
を作ることです。

長年新卒採用をやっていた経験からお伝えすると
例えばDCブームの時やカリスマ販売員の時代など
世の中で話題になったときには
ファッション販売員にあこがれて
多くの学生がファッション業界を目指しました。

社内でもカリスマ的な販売員やバイヤーが出てきて、
多くの媒体で取り上げられると
「その人」にあこがれて応募が多くなる年がありました。

「あの人のようになりたい」
一人一人に憧れられる人が出てくることによって
ファッション業界を目指してくれる人が
増えてくるのです。

ぜひ業界全体で労働環境や労働条件の改善はもちろん、
この業界を通じて成長できる魅力的な仕事にしていき、
その魅力を伝える努力をしていきましょう!!

はた・らく会社

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-03-19 14:04 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

新入社員の研修
きっとあちらこちらで
花盛り・・・?
もしくは準備万端・・・?
鋭意準備中・・・?

たくさんのニューフェイスが
真剣に受講しているのが
目に浮かびます。

どの研修講師も

手を変え品を変え
目の前のこのキラキラ新人さんに
伝えたい!と

取り組んでいることでしょう。
f0347877_2236123.jpg


「このトレーニング
家でもできるから
5分でいいからやってみるといいですよ。」

そういわれて
本当に毎日するひとは

プロになれる。

する人としない人の違いは

頭がいいとか理解力がいいとか
そういうのとは違う

純粋さ素直さ

があります。

「バカ」のつく真面目さ

学生時代は馬鹿にされたかもしれないけれど

社会人って
じつはそういうのがすごくカッコイイ。

やっとスタートラインに立ったばかり。

バカになって言われたことはやってみる。
やってみてからの景色を見てみよう。

その先の景色はやった人にしか見えてこない。

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-03-16 22:36 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

もうすぐ入社

もう何年も前のことですが
初めて子供が小学校に入るときに

そりゃもう親も子も緊張するわけですよ。

私は
ランドセルと机を買ってもらったときに
始めは嬉しくてたまらなかったのに

やれ
もう自分で起きないとね
だの
勉強いっぱいするんだよね

とか言われて
プレッシャーに押しつぶされそうになり

買ってもらったばかりの机の下で
泣いたこともある
可愛らしい女の子でありましたので

子供もさぞかし緊張するんだろうなと
思っていましたが

飄々とした子でしたので
机の下で泣くなんてこともなく
入学式に淡々と参りました。

それでも
入場してくる子供は
ほほを赤らめて照れくさそうにしておりました。

なによりも
手を引いてくれた上級生の
頼もしく見えたこと。

一年一年の成長の素晴らしさを感じました。

入学式が終わり
子供の教室に入った途端に
目に入る黒板いっぱいにかかれた
にゅうがくおめでとう
の文字。

あの言葉がどんなにか子供を勇気づけたか。

ちゃんと歓迎されているんだ
歓んで迎えてくれているんだ
という思い。

安心していいんだ。
と子供たちの元気になったのは
間違いないと思います。

今新入社員を迎える準備のかたへ。
是非とも大歓迎してあげてください。

名札は準備万端ですか?
机は?パソコンは?

そして初日の早い時間に
話をする時間を取ってますか?

朝礼で
先輩社員に紹介する時間をとってますか?
f0347877_650534.jpg


そして
たくさんうれしがろう。

ここで働くことを選んでくれた
仲間。

元気で働けるよう
新人の頃を思い出しながら
可愛く先輩づらしよう。

仕事を楽しくしよう。

色々頼られたら
「ったくしょうがねーなー」
とにやにやしよう。

新入社員に
あーなりたいなー
っていう先輩を
演じてみよう。

そうしていたら
本当にそうなる。

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-03-16 07:00 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

今日はファインズ東京様
新入社員研修のキックオフ!
f0347877_16544655.jpg


60名もの若人が(死語?)集うと
大きな会場も熱気であふれます。


自分の子供よりも若い子たちが
一生懸命に取り組む姿を見るだけで
目頭が熱くなるのですが

感極まって顔を手で覆って肩を震わせる姿を見たら
思わず私の目からも

美しい10ミリ玉ほどの真珠がこぼれました。
f0347877_16541173.jpg


初日ということもあって
心細かったり
不安だったりするだろうに・・・

まだまだぎこちなく戸惑いがちの顔ですが
これから来週いっぱい続く研修を経て

どんどん自信をつけて輝いて輝いて

自信を持ってそれぞれの職場で
自分を思いっきり
表現してもらいたいなと思います。

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-03-14 16:56 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

#五年目

歴史が
その前とその後になった
あの日からもう5年。

その後をどう生きるかを
突然に強制された人たちは

大きな傷を負いながらも
前を、光の方を向いて

歩いてこられたのだと思います。

人の偉大な能力として
忘れる
と言うことがありますが

忘れない
という選択もまた
人の偉大な心だと思います。

忘れること忘れないこと

どちらも思いながら
今日を過ごしてみたいと思います。
f0347877_1429461.jpg


今日はとても寒い一日です。

自然ってやつはまったくもって
どうにもならないけれど

少しづつあたたかさを増す陽差しの中で、
いろんな蕾がほころんできて

小さな枝にメジロやシジュウカラが
つがいで遊びはじめたりするさまは

春の訪れがすぐそこにあるのを
私たちに教えてくれています。

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-03-11 14:32 | 「日々雑感」 | Trackback | Comments(0)

「幸せになる勇気」(ダイヤモンド社)の「哲人」は言いました。

~目の前の他者を
変えようとも操作しようともしない。

なにかの条件をつけるのではなく
「ありのままのその人」を認める。

これに勝る尊敬はありません。

そしてもし
誰かから「ありのままの自分」を認められたなら
その人は大きな勇気を得るでしょう。

尊敬とは、いわば
「勇気づけ」の原点でもあるのです。~

私たちが教育と呼ぶものは
こんな「勇気づけ」なのではないでしょうか?
f0347877_16512138.jpg


ありのままのその人を認めるのには
私たちにもやはり勇気が必要です。

でも
「これが出来たら」
「ここが素晴らしいから」
認めるのではなく

ありのままを認めることは
「幸せになる勇気」でこう書いてあります。

~他者の目で見て、他者の耳で聞き
他者の心で感じること。~


これが本当に出来るのには
そんじょそこらの覚悟や勇気じゃないのでしょうね。

ちゃんと私たちにはその覚悟があるでしょうか?
自分の心に光を当てて
問いかけることをし続けようと思います。

「共感」と簡単な言葉で言うけれど
共感なんて、そんな簡単に出来るものじゃない。

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ




HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-03-10 16:57 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

はた・らく会社の
新人研修
いよいよ来週から始まります。

期待に胸溢れ
輝くオーラで包まれている
人たちと向き合えると思うと

楽しさと嬉しさで
胸がいっぱいになります。

シンプルに言葉をそぎとって言えば

教育は
信じて愛し抜くこと。

腹の底から
信じ抜くこと。

溢れるやる気と才能の
花びら一つも落とすことなく

満開に咲かせること。
f0347877_1826149.jpg


言葉にすると
気恥ずかしいけれど

そういうことだと思います。

はた・らく会社は
丹田に力を入れて

武者震いに身が震えそうになるのを
そっと深呼吸して落ち着けて

皆さんの真剣さのその上の心持ちで


遠足の前の日の子供のように
皆さんとお会いするのを楽しみにしています。

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ


HP   :http://www.hatarakukaisha.com/
MAIL : info@hatarakukaisha.com
by HATARAKUKAISHA | 2016-03-09 18:30 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)