人気ブログランキング |

先日はクライアント様の
接客ロールプレイング大会にお招きいただき
マリオットホテルに参りました。

しかも
弊社代表が審査員という大役を仰せつかり
責任も重大です。

全国1500人以上の販売員から選ばれた
17チームの決勝戦です。

どの方も緊張の中
それでも輝く笑顔で接客されていたのが
とても印象的でした。

接客ロールプレイング大会 _f0347877_15175784.jpg
接客ロールプレイング大会は

良い成績を取ることだけが
目的ではないことは皆さんにはお分かりでしょう。

お客様に喜んでいただける接客とは何か
どうしたらお客様に豊かな時間を過ごしていただけるか
そんなお互いの想いをぶつけ合ったり
フィードバックをしあったり
そこから新たな発見をし

そこに至るすべての過程こそが
皆さんの自信となり
さらに
お客様の喜びとなり
その喜びがまた皆さんの喜びとなります。

舞台に立って痺れるほどの緊張感の中
手も震える 声も震える

その中でも笑顔で立つことの尊さ。

自分の言葉で表現し個性を発揮し
どれほどの時間をこの舞台に費やしてきたか
販売の仕事をどれだけ愛しているか
その商品をどれだけ愛しているか

体中にその熱を浴びた一日でした。

これからはその技術と想いを
周りの人たちに広げていくことが
皆さんに課せられた使命。

そんな皆さんのために
さらに楽しく 夢と自信をもってお客様のために
日々送れるよう

お手伝いし続けます。 

yoshiko@HATARAKU


90分コーチング始めました。


全米NLP&コーチング研究所 公認
NLPプロフェッショナルコーチ
富島公彦
※ エグゼクティブコーチ(経営者、管理者向け)
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ

全米NLPヘルスサティフィケーション
NLP上級スキルマスター
全米NLP&コーチング研究所
ダイナミックスピンリリース認定トレーナー
国際メンタルイノベーション協会 認定講師
富島佳子
※ ライフデザインコーチ
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。


はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話




HP               http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com





# by HATARAKUKAISHA | 2019-11-22 15:35 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

リーダーと心理的安全性

リーダーとは?

ビジョンを創造し
それに伴う責任を負うことだと思います。

こんな国にしたい!
と思わない総理大臣がいないように(多分)

ビジョンはチームに
景色を見せ声を聴かせ体感するまで
示し続けることが大切。

そしてチームメイトに役割を与え
任せること。

リーダーとして選ばれたあなたは
きっとハイパフォーマーでもあることでしょう。

自分でやったほうがうまくいったり
上手だったり 期間も短くできたり。

でもその役割をいったん自分から手放すことによる
責任を負う立場であるあなたは

任せて見守る

ことができるかを試されているといえるかもしれません。

信じて見守ることができたときには
必ずや素晴らしい融合の創造が生まれます。

人を惹き寄せるリーダーとなる為には
完璧である必要はありません。

誰しも完璧な人などいないことはわかっていても
リーダーたるもの!
という
「○○べき」
という前提があなたの思考の中にあると

だれも寄せ付けないリーダーになってしまいます。

チームメイトを信頼して
頼って
感謝する。

そして
最後の責任を持つ。

それがリーダの役目。
リーダーと心理的安全性_f0347877_14283851.jpg
私たちの研修でいつもお伝えしている
「心理的安全性」

リーダーが本当に部下を信じ見守ることができていたら

部下はリスクのあることにも
自信をもって取り組むことができ

たとえ失敗があったとしても
馬鹿にされたりするのでは
とおびえることも不安に思うこともなく

生産性高いチームが出来上がることでしょう。

マネジメント研修 チームビルディング研修のお問い合わせはこちら

yoshiko@HATARAKU


90分コーチング始めました。


全米NLP&コーチング研究所 公認
NLPプロフェッショナルコーチ
富島公彦
※ エグゼクティブコーチ(経営者、管理者向け)
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ

全米NLPヘルスサティフィケーション
NLP上級スキルマスター
全米NLP&コーチング研究所
ダイナミックスピンリリース認定トレーナー
国際メンタルイノベーション協会 認定講師
富島佳子
※ ライフデザインコーチ
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。


はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話




HP               http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com





# by HATARAKUKAISHA | 2019-11-20 15:13 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

お店は店長次第

店長研修6回目を迎えました。

お店は店長次第
店長が思う「こんなお店にする!」
という想い以上のお店にはなりません。

だからこそ
店長には高く深く広がる想いをもって部下に語ってほしい。

今回はそのために必要な「伝える技」をお渡ししました。

自分が伝えたいことを自分が伝えたいように伝えるのではなく
相手に伝わるように伝える。

これが中心になっている考え方です。
お店は店長次第_f0347877_17244635.jpg


そして皆さんには
「可能性を持っていない部下がいるのではなく
可能性を引き出すことのできないリーダーがいるだけ」
と毎回伝え続けてきました。

それは
リーダーがダメだと言っているのではなく
リーダーの資格がないなどというのでもなく

可能性を持っていない部下とレッテルを張っているうちは
リーダーは部下の成長を促すことはできない
ということです。

自分側に軸を持ってくれば
どうしたら可能性を引き出すことができるだろうか?
と考えることができ
自分がその事柄についてイニシアティブをとり
取り組めるということです。

リーダーシップにおいて自責というのは
自分を責めるのではなく
自分が責任をもってその事柄に取り組む

ということだと考えます。

お店のあらゆることに責任をもって取り組む姿は
部下にここが安全で安心できる場所なんだと実感を与えます。

これからも研修は続きます。

全国を回りお店に立って成長を実感してきたこの半年。

さらに
ここで働いてよかった!
もっとお客様に楽しく豊かな思いを与えたい!
と思うスタッフの皆様を増やしていきます。

yoshiko@HATARAKU


90分コーチング始めました。


全米NLP&コーチング研究所 公認
NLPプロフェッショナルコーチ
富島公彦
※ エグゼクティブコーチ(経営者、管理者向け)
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ

全米NLPヘルスサティフィケーション
NLP上級スキルマスター
全米NLP&コーチング研究所
ダイナミックスピンリリース認定トレーナー
国際メンタルイノベーション協会 認定講師
富島佳子
※ ライフデザインコーチ
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。


はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話




HP               http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com





# by HATARAKUKAISHA | 2019-10-25 17:25 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

共感と○○は違う!

マネジメント研修や
コミュニケーション研修
チームビルディング研修などにおいて

「まずは共感しましょう」

と伝えると
自分の意見と違う人のことに同意なんてできません!

という人がいます。

いやいや。

伝えたいことは

「共感しましょう」
であって

相手の意見に
「同意しましょう」
と言っているのではないのです。

人の意見に
「ハイ私もそう思います」は同意。

共感は
「あなたはそう思うのですね」
「あなたがそう思うことは理解できます」
ということです。
相手の意見を理解し肯定することです。
共感と○○は違う!_f0347877_18052749.jpg
人が大切にしている価値観は
100人いれば100通り

人の意見や価値観が異なるからと言って
「ダメ」「違う」
と排除するのでは
自分以外はすべて「敵」

それだと
コミュニケーションが
難しくなってしまうかもしれないし
仕事が辛くなってしまうことも多いでしょう。

今までの経験や環境によって
人が思う
「~べき」や「~ねば」
は千差万別。
自分の尺度で自分のフィルターで
世界を見ています。
そのフィルターが違えば世界が違って見えるのも当たり前。

「違うんだ!」
と気づくだけでコミュニケーションの質は
格段に違ってきます。

違うと分かれば
たとえ相手があなたと違う意見を持ったとしても
「あなたの立場や役割においてはそう思うのも理解できる」
と思えるのではないでしょうか。

マネジメントが難しくなった
と多く聞く昨今。

より良いマネジメントには
より良いコミュニケーションが必須。

コミュニケーションはまず
共感から始まると言ってもいいのではないでしょうか。


yoshiko@HATARAKU


90分コーチング始めました。


全米NLP&コーチング研究所 公認
NLPプロフェッショナルコーチ
富島公彦
※ エグゼクティブコーチ(経営者、管理者向け)
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ

全米NLPヘルスサティフィケーション
NLP上級スキルマスター
全米NLP&コーチング研究所
ダイナミックスピンリリース認定トレーナー
国際メンタルイノベーション協会 認定講師
富島佳子
※ ライフデザインコーチ
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。


はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話




HP               http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com




# by HATARAKUKAISHA | 2019-10-07 18:06 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

このところ
若く才能のある方から
相談を受けることが続きました。

二人とも30代半ばで
会社の中で抜擢されて
責任のある仕事を任されています。

二人は傍からみても
才能にあふれ
行動力もあり
信念と共に仕事に取組み
しかも
その仕事が大好きである
というところが本当によく似ていて

二人とも私の尊敬する人たちです。

けれども
二人は共通して
「自信がなく不安で仕方がない」
というのです。

傍から見たらまぶしく輝き
仕事にまい進しているのに
内ではこんなにも不安を抱えているのだと思うと

そんな不安を抱えながらも
仕事に一生懸命取り組む姿に
ますます尊敬の念を感じてしまいます。

不安を抱えない人はいないし
不安が全くない人は信用できない
と思いますが
それを彼女たち(二人とも女性でした)
に言うかわりに

私は不安との向き合い方を
伝えました。

頭でイメージするものが
抽象的であればあるほど
不安の世界に溺れてしまいます。

まずは
不安という言葉を使うのをやめてみましょう。

「来週のミーティングが不安」
であるのであれば

何が不安なのかを
行動レベルで具体的にしてみましょう。
たとえば
「来週のミーティングで発表するプレゼンの内容が
まだ整理できていない」
というふうに。

もしくは
「プレゼンを効果的に説明する練習が足りていない」
など
自分でコントロールできるプロセスについて
具体的な部分を
できれば紙に書いてください。

頭で考えるよりも
実際に書いたほうがよりいっそう
具体的に取り組めるようになります。

そして
できるものから先ずは動いていきましょう。
不安の海でおぼれる前に。

どんな小さなことでも
不安を抱えながらも行動することで

「不安だからだめだ、できない」
という思考から
「この不安が私を良い方向にうごかしてくれる!」
という新しい行動や考えの
「パターン」を身につけていくのです。

人はだれしも
不安を抱えながら進んでいくものかもしれません。

その不安な気持ちとどう向き合うか。
それは私たちが
自由に選ぶ権利があります。

不安だからこそ○○する!_f0347877_14292972.jpg


昨日今日と彼女たちから
元気いっぱいのメールが届きました。

yoshiko@HATARAKU


90分コーチング始めました。


全米NLP&コーチング研究所 公認
NLPプロフェッショナルコーチ
富島公彦
※ エグゼクティブコーチ(経営者、管理者向け)
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ

全米NLPヘルスサティフィケーション
NLP上級スキルマスター
全米NLP&コーチング研究所
ダイナミックスピンリリース認定トレーナー
国際メンタルイノベーション協会 認定講師
富島佳子
※ ライフデザインコーチ
※ マネジメントコーチ
※ ビジネスコーチ



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。


はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話




HP               http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com


不安だからこそ○○する!_f0347877_14292972.jpg



# by HATARAKUKAISHA | 2019-09-19 15:35 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)