人気ブログランキング |

成功する人の共通点

いろいろな人に話を聞くと
成功している人の共通項は自分のあるべき姿
目標を持ってその実現に向けて努力や準備をしています。

f0347877_2041429.jpg


もっと素晴らしい人は行動計画も立てています。
もちろんそれ通りに行かないのですが…

以前聞いた話ですが

1979年ハーバード大学でおもしろい調査が行なわれました。
ある教授が学生たちに自分の目標を持っているかどうかを質問しました。
結果は

84%の学生は、目標を持っていない。
13%の学生は、目標を持っていたが紙には書いていない。
3%の学生は目標を持って、それを紙に書いている

それから、10年後

その教授は、元学生たちに調査をしました。
すると、次のような驚くべき結果を得ることになったのです。

全員の年収を調べていくと、
当時、目標を持っていた13%の人の平均年収は、
目標を持っていなかった84%の人たちの約2倍だったそうです。

さらに驚くことに、目標を紙に書いていた3%の平均年収は、
残り97%の人たちのなんと10倍だったのです。

年収が高いことだけが成功だととは思いませんが
目標を立てる重要性は間違いなさそうです。


そしてもう一つは成功している人の共通点は
転機となるチャンスを逃さないことです。

そこで迷っていたり尻込みをせず、
とりあえず飛び込んでみることです。

やる気のモトは脳の『即坐核』
というところにあるそうです。

こんなところで私のやる気が左右されているのか・・・・・というくらい
悔しいことにちっちゃいところです。

さて、その
即坐核がやる気になるにはどうしたらいいか。

それは
「やり始める」
ということがスイッチなのだそうです。

やる気が出るまで待っている家康のようなことではだめなのです。

つまり
やる気はやらなきゃ起こらない。

禅問答のようですが、本当です。

思い立ったが吉日とはよくいったもので
本当にそうなのです。

決断は慎重に行動はすばやく。
まずは行動から。
まず、やり始めることが大切なのです。

そして、どんな仕事でも感謝の気持ちを持って。
真剣に取り組んでいることも特徴のようです。
# by HATARAKUKAISHA | 2014-09-05 20:09 | 「理念」 | Trackback | Comments(0)

ファッションのトレンドは常に変化し続けます。

そして
ファッションビジネスも変わってきているのです。
f0347877_1539576.jpg

その昔はモノをつくれば売れる時代がありました。

営業時代の取引先からよく
シャッターを開けると、納品された山積みのパッキンで外に出られなかった
などという逸話は何度も聞かされたものです。

そしてその商品はすぐに跡形もなく飛ぶように売れたものでした。

その後デザイナーブランドブームが来て
デザイナー発信で世界観をわかる人だけが買えばいいという時代になりました。
ハウスマヌカンという言葉がもてはやされて
あこがれの職業でもありました。

その後データー分析で売れ筋を追いかける時代に。

そして
今は顕在化しているデーターだけではなく
いかにお客様の潜在ニーズを
販売員が吸い上げて、情報を企画に活かしてモノづくりに反映するか
の時代になっています。

しかしこれもまたいつか変わっていくにちがいありません。

次の時代のキーは間違いなくECになっていくでしょう。
このビックデーターを活かしつつ、どう店頭と融合して
ビジネスモデルを確立出来るかが生き残るキーになるのだろうと思われます。

最近いろいろな会社の人とお会いすることがありお話を伺うのですが
みなさん口をそろえてこの時代の変化に対応しなければ・・
とわかっていらっしゃいます。
ところがそれを進められない社内事情があるようです。

経営者が回りの言うことを聞かないケース、古株が過去の成功体験に固執してしまうケース、
企画系の人の力が強く店頭の意見を聞かないケース、セクショナリズムが強く身動きが取れないケース。
様々のようです。

沈みゆく船と分かっていながら手を打てず
無くなっていった会社をたくさん見ていますが
どれかに当てはまっていたような気がします。

こうならないようにするには誰かが勇気を持って言い続けるしかないのです。
これがリーダーシップです。

リーダーシップはトップだけが発揮するものではなりません。
一社員ででも発揮できます。
すぐに聞き入れられなくても悲観せず、
諦めず、手を変え品を変え根気強く働きかけることが大切です。

そして時には外部の人に代弁してもらうことも効果的です。
ファッション業界が発展していくためにお手伝いできれば幸いです。
# by HATARAKUKAISHA | 2014-09-04 15:41 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

24時間テレビ

黄色いTシャツを来ている人がテレビにたくさん出ていると
ああ、もう夏も終わりだなぁと毎年思います。

なんとなく見る程度で
積極的に見ることもありませんでしたが

今年の24時間マラソンは始まる前からとても気になっていました。
f0347877_8514893.jpg

TOKIOの城島リーダーがその挑戦者だったから。

TOKIOの「ザ!鉄腕!DASH!!」は大好きな番組で
深夜番組の時代から見ていました。
とくにDASH村。

そのDASH村にはなくてはならない人
農業指導の明夫さんが亡くなったということはニュースで知っていましたが

リーダーは
まだ病気療養中であった明夫さんに元気になってもらおうと
24時間マラソンに挑戦したと聞いて
この人の人柄にあらためて心を打たれました。

後半は膝や腰、足首まで痛めて満身創痍の中

沿道のファンやスタッフに気を配って
苦痛でゆがむ顔を笑顔に変えて手を振り続けていました。
極限の状態でもあれだけ周りに気づかいをする。
これはなかなかできない。
本物だなぁと思いました。

自分がいい時は周りに気を配れても追いつめられると周りにあたってしまう。
こんなことはありませんか?

飄々としていていつもニュートラル。
でもTOKIOメンバーにいつも気を遣い、いじられ役で周りを盛り上げて

信念を持って時に自ら背中を見せる。

まさに理想のリーダー像なのかもしれないなと
明夫さんと同じ手拭いを巻きながら走る姿を見ながらそう思いました。

みんなが仲良く協力的でイキイキとして見えるTOKIOは
このリーダーだからなのだと。
# by HATARAKUKAISHA | 2014-09-02 08:51 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

トメケン

先日…親父飲み会で
ビームスのTさんが
おもむろにカバンから
けん玉を取り出して
「とめけん」という技を練習しはじめました。

f0347877_18271037.jpg

一瞬・・なんだ?幼児がえりか?
と思ったのですが(Tさん、ゴメンナサイ)

よく聞くと
28日、ビームス恒例の運動会で
けん先の部分に玉を刺してキャッチする「とめけん」に一斉にチャレンジ。
ギネスに挑戦すると言うではないですか!

そこで目にしたこのニュース

「KENDAMA TOHOKU」プロジェクトを進行するビームスが
8月28日、けん玉競技「とめけん」の成功者最多人数のギネス世界記録を更新!
社員737名がチャレンジし、これまでの記録よりも320人多い568人が成功。

ビームスらしい
自由な発想での社会貢献と
社員の主体的な行動は本当に素晴らしいと思います。
成功おめでとうございます!!

私はアメリカンヨーヨーなら
腕に覚えがあるのですが,............
# by HATARAKUKAISHA | 2014-08-29 18:31 | 「楽しむ」 | Trackback | Comments(0)

スピーチの原点

私の祖父は今でいう教育委員会の仕事をしており
戦中に台湾に渡り
教育委員会委員長のような仕事をしていて
終戦後、命からがら日本に帰国したと聞いている。
f0347877_922525.jpg

その祖父が祖母の葬儀の時に話した喪主のあいさつ。

それが私のスピーチの原点である。

原稿もなくポツリポツリと話し出した祖父。
お決まりの挨拶もなしに始まった祖父の言葉は
準備することなく心情から湧き出た祖父と祖母の思い出であった。

飾ることなく、流暢でもなく

ただ純粋な祖母に対する愛に満ち溢れていた。

いつしか引き込まれ、心が震え

その会場すべての人が祖母の思い出に包まれ
涙していたのを今でも忘れない。

私がつい小手先で仕事をしてしまいがちになる時に思い出すのは
ビルゲイツでもオバマでもない

私の祖父のその時のスピーチだ。

準備をすることは大切だが
原稿どおりに、寸分の間違いなく
時間通りに進めることが成功なのではない。

皆さんと対峙する中で相手を感じ
湧き出る心情から出た言葉こそが
何よりも相手に響くのだと私は確信している。

あの時の祖父を思い出すたびにそう感じるのだ。

私はいまだに祖父を超えることはできていない。

けれども
そのマインドを継承していく覚悟でこの仕事をしていくつもりだ。
# by HATARAKUKAISHA | 2014-08-28 09:22 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)