人気ブログランキング |

店長研修のゴール

店長研修は
目的が二つあります。

一つは店長自身の学び
もう一つは学んだことを伝えること。

店長さんたちは
もうすでにスキルも経験も十分に持っているので

学び自体は
すでに実感していることも多いと思います。

でも
わかっている(できている)ことと伝えることは
まったく別のこと

もっと言えば
伝えることと伝わることは
これまた別。

研修では
具体的な事例を理論に紐づけて説明します。

売れているお店の店長さんは
どんなことも素直に吸収し
それを確実にお店のメンバーに伝えます。

そしてどう伝えたらいいかを
研修中にイメージ
どうしたら伝わるかを一つ一つ具体的にしていきます。

この
「素直さ」というのは
リーダーとしての大きなリソースの一つだと思います。

これがあるとたくさんの情報が知らないうちに集まってくる。
ゴールが明らかになり
自然と目指せてメンバーと共有することができる。

「伝わらないのはあなたのせい。」

店長の覚悟がそのお店を決めます。
f0347877_16301074.jpg
同じ時間を過ごしても
たくさんのものを得る人と
ただ漫然と時間を過ごす人

人はどちらにもなれます。

私の研修のテーマは
「愛と勇気」

恥ずかしげもなくここに宣言します!

yoshiko@HATARAKU
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。
一緒に頭から煙を出しましょう(笑)

はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com


by HATARAKUKAISHA | 2017-06-26 16:33 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

チームというものは
想像と感謝があれば大概うまくいく

相手の気持ちは本当にわかるわけないのだけれど
「わからなくていい」わけではなくて

相手の気持ちを想像することを辞めないということが
とても大切だということだ。

理不尽にも思えるその人の理屈を
想像すること。

その人が大切に抱えてきた価値観は
誰にもそれを侵すことはできない。

その価値観を受け入れるのではなく
「違うんだ」
と思うこと。

そうして自分ではできないことや
違うことを知っているということに
大いに敬意を持つことで
チームというのはあっという間にたのしくなる。
f0347877_17522680.jpg
そして相手に伝えることもやめないこと。

電車に乗って駅で降りたいときに
無言で立っていても周りの人はわからない。
どうしてどいてくれないんだ!と
その背中を押したら
隙間はできるかもしれないけれど
感謝は生まれない。

「自分は降りたいのです」と
一言いうだけで
あなたの前には道ができる。

「ありがとうございます」
と感謝の気持ちであなたは電車を降りるはず。

あなたのありがとうは誰かのエネルギーになって
そして
あなたに帰ってくる。


yoshiko@HATARAKU
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。
一緒に頭から煙を出しましょう(笑)

はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com




by HATARAKUKAISHA | 2017-05-22 17:57 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

そして次のターン!

先週の店長研修
はた・らく会社で
新入社員研修を行ってくださった企業様です。

さて。

なんといってもここが大事。

新人研修が終わっていざ!現場へ!
となったときに

ひな鳥たちが「おや?」「あれ?」
となってしまっては元も子もないからです。

どうか片目をつぶって
褒めるよりも感謝の言葉を。

心理的安全性が保たれる場を。
それには店長が自分から自己開示を。

違う価値観を認め理解し
「敬意」を持つことを
忘れないでいれば

素晴らしいチームが出来上がると思います。

もちろん店長さんたちは
それを心から実感してくださったはず。

「ぜひお店に来てくださいね!」
と頼もしい言葉をたくさんいただきました。
f0347877_12390867.jpg
今週は箱根に来ています。
ソメイヨシノとは違う
小ぶりの可憐な山桜が満開です。
来週からの新しいお仕事の打ち合わせが
楽しいのなんの。

そしてちゃんと休む。

yoshiko@HATARAKU
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。
一緒に頭から煙を出しましょう(笑)

はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com

by HATARAKUKAISHA | 2017-04-21 12:51 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

店長会3DAYS!

全国にたくさんのお店を展開する
ある企業様の店長研修。

3日間にわたり全部で約180名の店長様と
これからの未来どうありたいか?
その未来のために何からやろうか?と
みんなでディスカッションします。
f0347877_15452016.jpg
リフレーミング
という言葉を知っていますか?

リフレーミングとはある枠組み(フレーム)で
とらえている物事を違う枠組みで見ることによって
新しい選択肢を見出して
理想に向かって
力強く前に進むことができるようにしていくことを言います。

物事は枠組み次第で簡単にも思えるし
難しくも思えるもの。
 
たとえば
手術の失敗する確率は10%
手術の成功する確率は90%

どちらも同じ%の手術でも枠組みを変えることで
私たちの脳にはこんなにも違った影響を与えることがわかります。

そのリフレーミングの種類の一つに
「アズイフ(as if)フレーム」
というものがあります。

もし○○なら~
という枠組みで考えてみるものです。

もしできたとしたらどんなわくわくが起こるだろう
もしそれができたらどんな気持ちになるだろう
それができたとしたらどんな行動ができるだろう

と考える。

店長さんたちには
忙しいから・・・とか
人がいないし・・・とか

そんな制限となる枠組み取っ払って
夢想家になって

お店の、ブランドの未来を
真剣に楽しくディスカッションしていただきました。

最初は
「無理かもしれないけど・・・」
とか
「難しいとは思いますが・・・」
という言葉が多く飛び交っていました。

でも大きく羽ばたきたいと思うからこそ
それを止める
「でも・・・」が出てくるのです。

簡単にできること
すぐにできてしまうことしか考えていなければ
「無理かも・・」
という杞憂は生まれないはず。

「無理かもしれないけれど・・・」
という思いがわいてきたら

おっと!
私ったら、頑張りがいのある
素敵な景色の未来思いついちゃった!

リフレーミングすることが
ディスカッションを楽しくする秘訣かもしれませんね。

楽しくて夢がいっぱいで
お客様愛スタッフ愛に溢れた言葉が
たくさん浮かび上がりました。

その言葉をまとめて
その企業様のホスピタリティーの価値観を
共有します。

社長が
「こうしなさい」と決めたものでなく
現場のみんなで紡いだ言葉だからこそ
腑に落ちる。

素敵なものが出来上がる予感しかしない。




yoshiko@HATARAKU
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。
一緒に頭から煙を出しましょう(笑)

はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com


by HATARAKUKAISHA | 2017-02-23 16:01 | 「理念」 | Trackback | Comments(0)

リーダーとは?

ビジョンを創造し
それに伴う責任を負うことだと思います。

こんな国にしたい!
と思わない総理大臣がいないように(多分)

ビジョンはチームに
景色を見せ声を聴かせ体感するまで
示し続けることが大切。
f0347877_16232107.jpg
そしてチームメイトに役割を与え


任せること。



リーダーとして選ばれたあなたは
きっとハイパフォーマーでもあることでしょう。

自分でやったほうがうまくいったり
上手だったり 期間も短くできたり。

でもその役割をいったん
自分から手放すことによる責任を負う立場であるあなたは

任せて見守る

ことができるかを試されているといえるかもしれません。

信じて見守ることができたときには
必ずや素晴らしい融合の創造が生まれます。

人を惹き寄せるリーダーとなる為には
完璧である必要はありません。

誰しも完璧な人などいないことはわかっていても
リーダーたるもの!
という
「○○べき」
という前提があなたの思考の中にあると

だれも寄せ付けないリーダーになってしまいます。

チームメイトを信頼して
頼って
感謝する。

そして
最後の責任を持つ。

それがリーダー。

「はた・らくリーダートレーニング」のお問い合わせは





yoshiko@HATARAKU
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。
一緒に頭から煙を出しましょう(笑)

はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com

by HATARAKUKAISHA | 2017-02-13 16:35 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

喜びの共感

「〇〇は、やるべきだ」
「○○は、やらなければならない」

といった、使命や義務での指示は
時にはメンバーに影響を与えることができますが

「〇〇は、楽しい うれしい!
という喜びを共感すると
仕事の生産性が高まってきます。
f0347877_17522630.jpg
これは
価値観レベルでの共有が
「喜び」でできているからです。

アドラー心理学では
「cannot」できない
はなくて
「willnot」やろうとしていないだけだ。
とあります。
とても厳しい言葉ですが

その率直さに心打たれます。

人はやらない理由できない理由を探すのは
いくらでもできるもの。

マネジメントやチームビルディングに
悩んでいる人は

そのやり方でいいのか?
ほかのやり方ができないと思い込んでいるのか?
それは誰のため?

を自分に問うてみるのも
必要かもしれませんね。

上からでなく横から伴走するように
自分の価値観と相手の価値観の違いを見つける。

価値観の違い前提の違い思い込みの違い
これはコミュニケーションをとても難しくします。

進みたい気持ちを阻害する前提を取り除きたい方は
までお気軽にお問い合わせください。

yoshiko@HATARAKU
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。
一緒に頭から煙を出しましょう(笑)

はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com

by HATARAKUKAISHA | 2017-02-06 18:04 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

錦織圭がフェデラーに負けてしまいました。
フェデラーのファンでもある私は
どちらにも負けてほしくなかったので
昨日の試合は見るのが辛かった。(家族がダッシュ島に変えてました笑)

今日のニュースで松岡修造さんが
「圭がフェデラーを強くしてしまった」
と言っているのを見て
あ、そうかも!と思いました。

心理学的に言えば
「人は自分が出した結論には一貫性を持たせたい」
という心理があります。

錦織圭がフェデラーの大ファンで
ずっと憧れだったというのは有名な話で

昨日の試合で言えば
ここぞというときにフェデラーにエースをとられたときに
「ああ、やっぱり僕の尊敬するフェデラーは
こんな凄いボールが打てる人だった」
と思い始めてしまい

「やっぱり自分が思っていた通りだった」
とあらためて自分の考えが正しかったことを
探し出しては納得するのです。

決められるたびに
「やっぱり・・・やっぱり・・・やっぱり・・・」
と自分の正しさをどんどん確信させていってしまったのだとしたら
そのループから抜け出すのは
世界の圭をもってしても
難しかったのでしょうね。
f0347877_15273706.jpg
王者フェデラーとの2011年の試合前に
錦織が
「憧れのフェデラー選手と決勝で当たるなんてワクワクします」
と発言したことを
コーチのマイケルチャンが戒めたことがあって

「コート外で選手を尊敬するのはいいけれど
コートに入ったら
『お前は邪魔な存在なんだ』
『優勝するのはお前じゃない、俺だ!』
と言うぐらいの強い気持ちを持て」
と説いたそうですが
昨日の試合は
チャンの杞憂が現実となってしまったのでしょうか。

昨日の錦織選手が
どんな精神状態だったか知る由はないけれど
かつて同じ立場テニス選手であった
松岡修造さんの言葉は
あながち間違ってはいないのかなと
そんな風に感じました。

第一印象が大事
というのもこのことからもよくわかる。
ひとは第一印象で自分が感じた印象について
次に会ったときから正解探しを始める。

このお店感じがいいわ
とお客様が思うお店作りが大切なわけは
そこにあります。

心のこもった
いらっしゃいませ!やこんにちは!が
どれほどお客様の潜在意識に影響を及ぼすかは
あなたの想像をはるか遠く上回るものなのです。

目も合わせず
やまびこのように頭の上を通り過ぎる言葉
誰も幸せにしません。

yoshiko@HATARAKU
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。
一緒に頭から煙を出しましょう(笑)

はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com


by HATARAKUKAISHA | 2017-01-23 15:32 | 「NLP」 | Trackback | Comments(0)

行楽の秋をまったく実感しないまま
過ぎ去った9月。

おかげさまで、はた・らく会社は
たくさんの皆様とお会いすることができました。

気が付いたら10月も半ば!
今日から何回か
この秋の「はた・らく会社」を
少しご案内させてください。
f0347877_19021194.jpg

まずは
全国から集まっていただいた店長研修
6日間に分かれて
みっちり一日頭から煙をモクモク出して
自店で
やれたな!と思うこと
もっとやりたかったことを共有して

「もっとお客様のため」
できることを一日かけて研修しました。

どの店長さんも
口々に言っていた
社員、派遣社員、アルバイトなど
それぞれのモチベーションの違い。
「自分の想いの浸透度が違う」

それが悩みとおっしゃっていました。

「悩みぃ?」だ・・・と?

悩みと思うからそれは悩みになるのじゃ・・・


なんて禅問答のようですが

そんな店長さんには
「違う=悪いこと」
という信念の部分を
ちょっと見方を変えてみたら?
とお話ししました。

皆さんは
仕事において大切にしていることは何ですか?
10個教えてくださいと聞かれたら
なんと答えますか?

いろいろ思いつくことはあると思いますが
たとえば10人に聞いて
「10人とも同じ答えなんてことはないなあ」
と想像はできると思います。

その人その人によって
大切にしていることは違う。
違って当たり前。

まずは
「違う」ことを改めて認識して
そこからスタートしてみたら
まったく違った景色が見えてくる。

あのバイトの子は
なぜここで働いてくれているんだろう
大切にしていることはなんだろう
そのために(店長としての)自分ができることは何だろう
そのうえで店のためにあの子にしてもらえることは
どんなことだろう

深堀して深堀して
未来のワクワクビジョンを明確に
見せて、聞かせて、感じさせてあげることで

個人で大切にしていることと
お店で大切にしてほしいこと
この二つの共有ゾーンが大きく
どんどん膨らんで行きます。


この共有ゾーンが膨らむことで
何が起きるか?



NLP®プラクティショナー
LABプロファイルプラクティショナー
国際メンタルイノベーション認定講師
yoshiko@HATARAKU

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

はた・らく会社の
モチベーション劇的アップマネジメントセミナー」
部下のモチベーションをあげよう!と
やみくもに頑張るのではなく
まずは「自分」のモチベーションをあげて
自然と部下のモチベーションを引き出すことができる
「自然型」部下を増やすセミナーです。
もっとマネジャーとして輝きたい!
自分の限界を決めたくない!
そんな皆様をお待ちしております。
一緒に頭から煙を出しましょう(笑)

はた・らく会社の
「接客力劇的アップセミナー」

ユナイテッドアローズの
教育に携わっていた経験と知識に
NLP心理学 LABプロファイリングを取り入れた
すぐに使えて効果が見えるセミナーです。
ご自身でも、人に教える時にも
納得性が高い内容で
中堅の方からマネジャークラスの方まで
「もっと早く知っていればよかった!」と
たくさんの方にご満足をいただいています。




ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 
: info@hatarakukaisha.com




by HATARAKUKAISHA | 2016-10-14 19:19 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)

昨日までの3日間は
全国から集まった店長さんの
CS研修。

自分のお店で
できたことと
できなかったこと

それぞれ振り返ってもらいました。
f0347877_19365694.jpg


店長A 人が足りなくて
お客様へ充分に向かうことができなかった・・・・・・



お客様に向かいたい!っていう気持ちが増えてるからやん!




店長B スタッフの気持ちはまとまってきているけれど
 お客様に伝わっているかわからない・・・・・



んなもん、伝わってるに決まっとるがな!




去年全販売員でおもてなしポリシーを策定して
それを愚直にやってきたみなさん。

人は一度それを知ったら
それを知らない自分には戻れないのです。

知ったから
新しいものが見えてきた。
新しい世界が見えてきた。

だから
何かが足りなくなったり
もっともっとの気持ちがでてきたり。

気が付いているかいないかはわからないかもしれないけれど
もうその道を歩み始めているのです。

すごい!すばらしい!


確実に皆さんの意識が次のステージに進んでいるんだなと
感じてうれしくてたまらなくなりました。

最後に・・・・・・・・・・・

店長C 時間がなくて○○ができませんでした・・・・・・

んなわけあるかい!

もし出来なかったのなら
それがあなたの中で優先順位が低かっただけのこと。

お店をどうしたいのか?

そのお店はどんな景色をしているの?
どんな声が聞こえてる?
そのお店ができたらどんな気持ちがする?




じゃああなたははじめの一歩に何をする?



yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 : info@hatarakukaisha.com





by HATARAKUKAISHA | 2016-09-16 20:13 | 「おもてなし」 | Trackback | Comments(0)

~関わりの量と
関わっていないときにいかに相手のことを考えているか。

その時間の量こそが
相手の本音に気付くことに繋がるかが分かった。~

「ユナイテッドアローズ日本一喜ばれる販売員の話」より。

販売不振だったお店が
売り上げが全国でも上位になるまでになった
店長のことば。
f0347877_182078.jpg


データを集めることなら得意中の得意
グーグルによれば
「こんなことを言ったら馬鹿にされないか?」
「上司やリーダーの意見に反論したらまずいんじゃないか?」
と不安に思うことない場所を提供できていたマネージャが
一番生産性が高かったことが
わかったそうです。

じゃ、どうすればいい?

それはまず
「隠していた自分の弱い部分をカミングアウト」
→自己開示をすること。

だったそうです。

それも
ただ、愚痴を言うとか言いたかったから言うのではなく
目的をもって自己開示する
ことが大切だったと。

そして
マネージャの内側に確固たるビジョンと価値観を。

でもその価値観がフィルターにかかったままであるならば、それが周りと同じ景色に見えるまで
「自分はどんなチームを作りたいのか」
を繰り返し言葉にする。

上記の店長は
相手の本音に気づくには
まず、自分からだと感じ

それを徹底的に続けたそうです。

そんな店長がもし

「自分は今、このチームでリーダーとしてやっている。
でも、申し訳ないけれど、僕には●●ということができない。
本当にごめん。もし可能であれば、助けて欲しいんだ。」

こう自己開示したならば
メンバーはきっと
心を一つにして全力でチームのために働くことができるでしょう。

自分の世界がかけっぱなしのラジオだとしたら
どこの周波数に合わせるかは
自分自身で決められます。

低い周波数なのか高い周波数なのか。

どうチームとかかわるのか。
どう仕事と向き合うのか。

自分自身で決められる。



はた・らく会社のマネジメント研修は

マインドに働きかけるワークと
日ごろ悩んでいることが解決できる
具体的なアプローチ

両側面からマネジャーを応援します。

言葉かけの仕方から
メンバーのモチベーションの上げ方
やめないメンバーづくりなど

皆さんの悩み解決のヒントになる具体的な内容が満載です。

こんなマネジャーになりたい
こんな不満を取り除きたい

すべてかなえます。

yoshiko@HATARAKU

ファッション業界へ就職希望の方へ
本気でおもてなしを考えている方へ
ユナイテッドアローズ日本一お客様に喜ばれる販売員の話


HP                :http://www.hatarakukaisha.com/
理念構築 人事制度
セミナーのお問い合わせは
 : info@hatarakukaisha.com





by HATARAKUKAISHA | 2016-09-05 18:23 | 「はた・らく」 | Trackback | Comments(0)